ピンクリップとひとことに言っても、似合う色は十人十色。肌の色に合わせたピンクリップの選び方をメイクのプロが紹介。(フロントロウ編集部)

自分に似合うピンクは?

 上品で可愛らしく、どんなシーンにもぴったり似合う「ピンクリップ」。メイク好きなら1本は持っておきたい便利なリップカラーで、上手に使いこなすことができれば、他の色のリップより顔色をパッと明るくすることができるとされている。

画像: 自分に似合うピンクは?

 しかし、赤リップと同じように、自分に似合う“ピンク色”は人によって変わってくる。では、自分にぴったりの“理想のピンクリップ”を見つけるにはどうすればいいのだろう…? 

 リップの色選びに詳しいメイクアップアーティストのジェーン・メグによると、自分に似合うピンクリップの色は、私たちの肌の色“アンダートーン”から知ることができるという。自分のアンダートーンのカンタンな見極め方と、ピンクリップを選ぶときのコツを米メディアHellogigglesで紹介した。

アンダートーンの見極めポイント

 ジェーンによると、自分のアンダートーンを見極める最もカンタンな方法は、手首の内側付近にある血管の色を見ること。血管の色が緑っぽく見える場合は、“イエローベース”(ウォームトーン)の可能性が高く、青っぽく見える場合は“ブルーベース”(クールトーン)の可能性が高いという。

画像: アンダートーンの見極めポイント

 ちなみに、血管の色が緑と青の両方に見える、どちらともいえないと言う人は、“ニュートラルトーン”である可能性が高いのだそう。

 補足をすると、どんなに日焼けをしても、基本的に肌のアンダートーンは変わらないため、いつ確認しても結果は同じになるはずだとジェーンは言う。

イエローベース(ウォームトーン)の場合

 イエローベースの人と、相性が良いとされているピンクリップは、サンゴのような暖かみのある“コーラルピンク”や“ピーチピンク”。ふんわり柔らかな色合いで肌なじみが良く、肌もパッと明るくなって透明感アップ!

 一方で、ジェーンは「ブルー系やクール系のピンクは、肌がくすんで見えるからできれば避けて」とアドバイス。ちなみに、イエローベースの人にオススメのリップは、シャーロット・ティルブリーの「マット レボリューション (色番:Sexy Sienna)」だそう。

ブルーベース(ウォームトーン)の場合

 ブルーベースの人と、相性が良いとされているピンクリップは、青みのある“ライトピンク”や“ローズピンク”、“ピンクベージュ”。涼しげで上品な青みが肌の透明感を引き出し、健康的な印象を与えてくれるという。

 一方で、オレンジみのあるピンクリップは、肌を黄ぐすみさせてしまうそう。どうしても試したい場合は、ブルーグロスで中和してみるのもひとつの手。ブルーベースの人にオススメのリップは、アーバン・ディケイの「ヴァイス リップスティック(色番:Double Team)」。

ニュートラルトーンの場合

 ニュートラルトーンの人は、基本的にどんな色のピンクリップとも好相性。パッキリした色合いのマゼンタピンクから、深みのあるブラウンピンクまで幅広い種類の色味を楽しむことができそう。

 ちなみに、ジェーンのオススメのピンクリップは、フェンティ・ビューティーの「マットモアゼル マット リップスティック(色番:Candy Venom)」。

 理想のピンクリップを見つけるためのプロのテクニック。色味のルールを参考にしながら、自分好みのピンクリップを見つけてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.