ディズニー映画『わんわん物語』が、完全実写化! 「犬好きによる犬好きのための映画」だという今作の魅力は?(フロントロウ編集部)

『わんわん物語』が実写版で帰ってくる

 1955年に公開されたディズニーアニメーション『わんわん物語』。お嬢様犬のレディと、野良犬のトランプの恋、そして冒険を描いた名作が、ついに完全実写映画化。

 主人公レディの声を演じるのは、マーベル映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』や『メン・イン・ブラック:インターナショナル』などへの出演で知られるテッサ・トンプソン! そしてプロデューサーは、『ジャングル・ブック』や『プーと大人になった僕』などを手掛けてきたブリガム・テイラーが務めており、ファンの期待に応える作品を作り出した。

 『わんわん物語』は、日本でついに6月11日よりサービスが開始されるディズニーのストリーミングサービス「Disney+」で独占配信される。

テッサ・トンプソンが語る今作の魅力は?

 そして、テッサとブリガムの日本語字幕つきインタビュー映像も公開。見どころや、物語にこめた思いなどを存分に語ってくれている。

 ブリガムが「犬好きによる犬好きのための映画」と表現する実写版『わんわん物語』は、6月11日よりディズニープラスで配信開始。(フロントロウ編集部) 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.