リアリティスター兼実業家のカイリー・ジェンナーが、米経済誌フォーブスが発表した2020年度版「世界で最も稼ぐセレブ」ランキングの1位に輝いたことがわかった。(フロントロウ編集部)

カイリー・ジェンナーが「世界で最も稼ぐセレブ」に

 米経済誌フォーブス(Forbes)が、毎年恒例の「世界で最も稼ぐセレブ」ランキングを発表。幼少期から出演するリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で人気に火がつき、18歳の時に立ち上げたコスメブランド「カイリー・コスメティクス(Kylie Cosmetics)」が大成功を収めたことで、 実業家としても名を上げるカイリー・ジェンナー(22)が、驚異の年収約640億円(5億9,000万ドル)でランキングのトップに輝いた。

画像: 10代から20代の若者に絶大な人気を誇るリアリティスター兼実業家のカイリー・ジェンナー。

10代から20代の若者に絶大な人気を誇るリアリティスター兼実業家のカイリー・ジェンナー。

 2019年に21歳の若さにして総資産が10億ドル(約1,100億円)を突破したことにより、「一代でビリオネアになった史上最年少の人物」として認定されたカイリーだが、先日、彼女にこの称号を与えた“張本人”であるフォーブスが、『カイリー・ジェンナーのウソ八百:なぜ彼女はもはや億万長者ではないのか』というタイトルの記事を掲載し、カイリーから「史上最年少ビリオネア」の称号を剥奪するという騒動があった。

 カイリー側はフォーブスの主張はまったくのデタラメと反論しており、この件の真相はうやむやになったままだが、少なくとも2019年6月から2020年5月までの収入において、カイリーが断トツの1位であることは紛れもない事実であるため、「世界で最も稼ぐセレブ」の称号が与えられた。

 ちなみに、昨年度の長者番付からワンランクアップして2位になったラッパーのカニエ・ウェストは、カイリーの異父姉でリアリティスターのキム・カーダシアンの夫であることから、実質、カーダシアン/ジェンナー家が1位&2位を独占するかたちに。

 2020度版「世界で最も稼ぐセレブ」のランキングのトップ10は以下の通り。

1位 カイリー・ジェンナー(リアリティスター兼実業家)
約640億円(5億9,000万ドル)

2位 カニエ・ウェスト(ラッパー)
約185億円(1億7,000万ドル)

3位 ロジャー・フェデラー(テニス選手)
約178億円(1億6,300万ドル)

4位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー選手)
約163億円(1億5,000万ドル)

5位 リオネル・メッシ(サッカー選手)
約153億円(1億4,000万ドル)

6位 タイラー・ペリー(俳優兼監督)
約105億円(9,700万ドル)

7位 ネイマール(サッカー選手)
約104億円(9,550万ドル)

8位 ハワード・スターン(ラジオパーソナリティー)
約98億円(9,000万ドル)

9位 レブロン・ジェームズ(バスケットボール選手)
約96億円(8,820万ドル)

10位 ドウェイン・ジョンソン(俳優)
約95億円(8,750万ドル)

 10位以下のランキングはコチラからチェックできる。(フロントロウ編集部)

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.