3ヵ月間だけAV女優として活動していたことがあるミア・ハリファが、他の女の子にはAVに出てほしくないと過去の苦悩を語った。そんな彼女の動画の削除を求める署名が、大きな賛同を得ている。(フロントロウ編集部)

インスタフォロワー2千万人を誇るミア・ハリファ

 レバノン出身で、現在はアメリカに住んでいるミア・ハリファは、2014年に若干21歳で3ヵ月間だけポルノ女優として活動。その3ヵ月で大手ポルノサイトPornhubのランキングで1位となり、現在ではインスタグラムフォロワーはなんと驚異の2,100万人を超えるほどの有名人となっている。Pornhubや、彼女のアダルド動画を制作したスタジオのBang Brosは、彼女の動画によって巨額の利益を得ているが、ミア自身は1万2,000ドル(約130万円)しか得ていないと明かされている。

 日本のアダルト業界でも、欧米のアダルト業界でも、多くの女性が騙されてアダルト動画に出演させられていることは深刻な問題。そして、すでにアダルト女優として有名だったミアでさえ、アダルト関連の作品に騙されて参加されせられたことがあるとし、米ポルノ動画スタジオBang Brosの幹部を告発した。

AV女優であっても…、苦しい過去を告白

 ミアによると、ある時1人の幹部が、知人が有名ファッション雑誌Vogueのフォトグラファーをしており、彼と仕事をすればモデルとしてステップアップができると話してきたという。彼との2人きりの撮影で屋上に呼び出されたミアだったけれど、結局はそのフォトグラファーは彼女にセクシーなポーズをさせ、身体を触ってきたという。さらに彼の行動は加速し、下着を脱ぐように指示され、胸も触られたという。

「あなたたちが、『君はカメラの前でセックスしたことがあるだろ。なにが問題なんだよ?』と言うのは簡単でしょうね。でもあなたは、自分に力がないと感じる時に女性が感じている恐怖のレベルを理解する必要がある」

 そう話したミアは、「彼らは私のことを、魂のある人間として、そして未来のある人間として見たことはなかった」と続ける。さらにBangBrosは、 miakhalifa.com というミアの名前を使ったサイトを作り、撮影された写真はここに掲載された。彼女はこのドメインの権利を所有していたけれど、彼らに騙されてのちに1ドルで彼らに売ってしまったという。

AVを見る人へ、ミア・ハリファのメッセージ

 ツイッターでそう綴ったミアは、インスタグラムのストーリーも更新。ツイッターでは特定の経験について告発したけれど、インスタグラムではアダルト動画へ出演した過去を持つことについての苦悩を語り、そこには他の女性たちへの心からのメッセージが込められていた。

「この11本の動画は、死ぬまで私のことを追いかけてくるでしょう。他の女の子たちには、そんなことを経験してほしくない。なぜなら、誰もそんな経験をするべきではないから。端的に言います。ポルノに出るのは止めなさい。もしやるのであっても、会社と関わるのは止めなさい。自分のためだけに、自分のやり方でやりなさい。そしてもしあなたがポルノを消費するのであれば、それが倫理的であり、女性を搾取して利益を出す巨大企業によるものでないと確認しなさい」

 そしてミアは、アダルト動画が原因で自身がこれまでにどれだけのものを失ったかということを、リストにして発表した。

「殺害予告を受けた
家族を失くした
プライバシーを失くした
自分自身の身体への権利を失くした
尊厳を失くした
メンタルヘルスを失くした
第一印象を得る機会はない
ブランドは私と働かない
結婚が難しくなった
いつか迎える自分の子供を心配してる」

 レバノン出身であるミアの有名なアダルド動画のひとつには、ヒジャブを被って撮影に望んでいるものがある。そのことが原因で、ミアのもとには宗教的を理由とした殺害予告が大量に投げつけられたことがあり、イスラム過激派の団体イスラム国も処刑予告を出した。

ミア・ハリファに正義を、署名に160万人以上の賛同

 ミアはその後、トラウマや心的ストレスからセラピーに通っている。一般的な職場であっても、正当な賃金が支払われなかったり、健康に害がもたらされたりすれば、問題となる。よりしっかりとした配慮が必要とされるアダルト業界でありながら、ミアに対する誠意を見せていないことに、多くのファンが立ち上がった。

 「ミア・ハリファに正義を」という名前で立ち上げられたオンライン署名では、ミアのドメインネームを返還すること、彼女の動画を削除すること、賃金問題に関して裁判所を介して正当に話し合うことの3点を要求している。

 ミアを巡っては以前から彼女を心配する声が多く、この署名は大きな話題となり、署名開始から約1週間ですでに160万人以上が賛同している。

 今回の署名の宛先のひとつでもあるPornhubに関しては、現在他の署名も立ち上がっている。誘拐された15歳の少女の映像が58本も公開されていた本サイトは、児童強姦や人身売買の温床となっているとされ、サイトの閉鎖と、役員たちに説明責任が求める署名に、現在までに100万以上の賛同が集められている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.