ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ハイスクール・ミュージカル(通称HSM)』の新作、ドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』。Disney+ (ディズニープラス)でついに日本上陸したドラマ版に対するオリジナルキャストの反応と共に、オリジナルファンならばぜひ見たい理由をご紹介。

ドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』が日本上陸

画像: ドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』が日本上陸

 2006~2008年に3部作でリリースされた映画『ハイスクール・ミュージカル』の栄光から10年以上が経ち、ついに、新作となるドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』がDisney+ (ディズニープラス)で日本上陸

 ドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』は、『HSM』を見て育った現代の高校生たちが主人公。彼らが学校で『ハイスクール・ミュージカル』の舞台劇を企画することになり、カメラが彼らの様子を追うという設定。

 アメリカでは『High School Musical: The Musical: The Series』というタイトルから、「HSMTMTS」という略称で呼ばれる同作。なんと米辛口批評サイトRotten Tomatoesでは、高校を舞台にした代表作である映画『ハイスクール・ミュージカル』やドラマ『glee/グリー』よりも高評価を獲得

ドラマ版について『HSM』キャストはどう思っている?

ヴァネッサ・ハジェンズ(ガブリエラ役)

 今でも毎週のように『ハイスクール・ミュージカル』についての話題を見聞きすることが「嬉しい」と語るヴァネッサ。“現代の高校生が憧れの映画『HSM』のミュージカルを作る”というドラマ版の設定については、「すごく賢い展開方法だと思う。彼らのやり方がすごく好き」絶賛している。

画像: ヴァネッサ・ハジェンズ(ガブリエラ役)

 さらにヴァネッサは、時代に合わせて作品が進化することも望んでいるそうで、エンタメ業界でのLGBTQ+の描かれ方について「過去10年ですごく進んだ」と語り、新作でLGBTQ+のキャラクターが登場することについては「そう願う!とても大事なことだと思うから。高校にはいろんな人がいて、全員に触れられるべき。みんな平等で、それぞれの物語を表現する機会を得るべきだから」とコメントした。ちなみにヴァネッサのこの願いは、新作でしっかり取り入れられているのでぜひ注目して!


ザック・エフロン(トロイ役)

 4月にアメリカで放送されたディズニーのチャリティ番組『みんなで歌おうディズニーソング』で『ハイスクール・ミュージカル』のキャストが大集合して『HSM』の劇中歌を歌ったとき、新作の撮影のためWi-Fi環境が乏しいロケーションにいたにもかかわらず、なんとかビデオレターの撮影を行ないリモートでゲスト出演したザック。

画像: ザック・エフロン(トロイ役)

 シリーズがDisney+ (ディズニープラス)でドラマ化されることについては、「最高だね」回答したザックは、記者からの「カメオ出演したいですか?」という質問には、「もちろん!」と前のめり気味に即答。「100%やりたいね。やらない理由がない」と念押しした。現時点でザックのカメオ出演の計画は聞こえてきていないけれど、ぜひとも実現してほしい!


ルーカス・グラビール(ライアン役)

 ルーカスは最初に新作へのカメオ出演がわかったオリジナルキャストだけれど、どんな作品でも出演する気があったわけではなかったよう。「何年ものあいだ、続編やテレビシリーズなど、フランチャイズを継続するための様々なアイディアを耳にしてきた。でも実際、そのどれにも心奪われなかった。僕らオリジナルキャストも、ディズニー側も、ずっと納得できずにいたんだ。だからこそ、今回のように適切な人選とアイディアのもと(新作が)誕生するまでこんなに時間がかかったんだと思う」と、『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』への出演を決めたことは、内容にしっかり納得できたからだと力説した。

画像: ルーカス・グラビール(ライアン役)

 新作について、「オリジナルの映画を称えて誠実に向き合いつつ、同時に、エンタメ界や若者など社会の変化も理解している」絶賛するルーカス。そんな彼がカメオ出演する第8話「テクリハ」は、7月31日(金)にDisney+ (ディズニープラス)で日本初配信される。


コービン・ブルー(チャド役)

 『HSM』の栄光を汚さないためにも、新作が作られることについては「すごくナーバスな気持ちだった」というコービン。しかしドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』を見て、すぐにその気持ちは変わったという

画像: コービン・ブルー(チャド役)

 「1話を見終わり、才能と情熱にあふれたキャストに会ってみて、きっとみんなも気に入ってくれると確信した!オリジナルに敬意を払いながら、まったく違う風にユニークな作品を作りだしてくれたからね。本当に、けっこう素晴らしい作品だよ!キャストもホンモノ」と、間違いない作品だと評価した。


モニーク・コールマン(テイラー役)

画像1: モニーク・コールマン(テイラー役)

 モニークはSNSやインタビューでは『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』に対するコメントはしていないけれど、2019年末に行なわれたドラマのLAプレミアに出席!アフターパーティーにまで出席して、主演のジョシュア・バセット(リッキー役)やオリビア・ロドリゴ(ニニ役)をはじめとした新キャストとハグしたり会話したりしていたので、新作はモニークお墨つきと言って良さそう

画像2: モニーク・コールマン(テイラー役)
画像3: モニーク・コールマン(テイラー役)

ついにルーカス・グラビールが第8話で登場!【7月31日に日本配信】

画像1: ついにルーカス・グラビールが第8話で登場!【7月31日に日本配信】

 そしていよいよ、7月31日(金)にDisney+ (ディズニープラス)で配信される第8話『テクリハ』にて、オリジナルキャストのルーカス・グラビールが本人役でカメオ出演

画像2: ついにルーカス・グラビールが第8話で登場!【7月31日に日本配信】

 新旧ソングがパフォーマンスされるドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』において、ルーカスは新曲「The Role of a Lifetime」をパフォーマンス!ルーカス自身、久々のシリーズ出演には相当気合いが入っていたようで、自宅に保管してあったフェドラハットをわざわざ小道具として持ってきたほど!

画像3: ついにルーカス・グラビールが第8話で登場!【7月31日に日本配信】

 エピソードの撮影後にSNSに新キャストたちとの集合写真をアップしたルーカスは、「この子たちと最高の経験ができた」「マジで、この子たち最高。HSMファンなら番組を見てよね」と、大満足の様子だった。そんなルーカスが登場する第8話は、7月31日(金)配信。もちろんそれ以前のエピソードは全話配信中なので、この機会にイッキ見して!

ドラマ版には『HSM』ファンの心をくすぐる演出がいっぱい!

 ドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』には、オリジナルキャストのカメオ出演のほかにも、オリジナルシリーズのファンを喜ばせるポイントが盛りだくさん!

懐かしの『HSM』ソングが再び!新曲にも注目

 ポップな歌と迫力のダンスと共に、あのミュージカルの楽しさを再びよみがえらせる新作。そんなドラマ版では、映画からの懐かしの楽曲が8曲もパフォーマンスされる。一緒に歌い出したくなるような名曲を聴ける一方で、曲によっては、新作でのアレンジが楽しめるものも!

画像1: 懐かしの『HSM』ソングが再び!新曲にも注目

 さらにドラマ版の新曲にも注目。ニニ役オリビア・ロドリーゴが書き下ろした「All I Want」は、米シングルチャートHot100にランクイン。TikTokでも大流行するなど、サントラで音楽チャートをにぎわせた『HSM』の時の盛り上がりが再び起きている!

画像2: 懐かしの『HSM』ソングが再び!新曲にも注目

映画版とのリンクが各エピソードに!

 「オリジナルのファンのことがつねに脳裏にあった。彼らの幼少期の思い出を汚したくないからね。すべてのエピソードに、オリジナルにまつわることや、オリジナルを思い起こさせること、オリジナルのイースターエッグ(※隠されたヒント)を入れるべきだと思った」予告していたショーランナーのティム・フェデラーの言葉どおり、ドラマ版にはなんと、本当に各エピソードに映画版とのリンクが!

画像: ニニ(右)がオーディションで着た赤いドレスは、ガブリエラの赤いドレスへのオマージュ!

ニニ(右)がオーディションで着た赤いドレスは、ガブリエラの赤いドレスへのオマージュ!

 カメオ出演のように分かりやすいものもあれば、背後に映るポスターなど、コアファンでないと気づきにくいものもあるため、それを探すのも楽しみのひとつに。

映画版とのリンクのヒント

  • ニニの後ろのポスターはもしや、”Get’cha Head in the Game“の告知!?
  • シャーペイのピンクのロッカーは今でも健在!?
  • デュエットで使われるマイクはトロイとガブリエラのもの!?
  • リッキーのジャージとリュックはトロイ愛用アイテム!?
  • 学校の理事のひとりは映画版で見覚えのある人!?

 ドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』は、ディズニーがグローバルで展開する月額700円(税抜)の定額制公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)で独占配信中。

【ディズニープラスで合わせて見たい】

Photos: © 2020 Disney、ゲッティイメージズ、Lucas Grabeel/Instagram

(フロントロウ編集部)



This article is a sponsored article by
''.