『セックス・エデュケーション』の新校長役に、意外な俳優がキャスティングされたよう。(フロントロウ編集部)

 ※この記事には、『セックス・エデュケーション』シーズン2のネタバレが含まれます。

シーズン2では様々な変化が

 新型コロナウイルスの影響で延期されていたシーズン3の撮影が、ついに今月から始まったNetflixの人気ドラマ『セックス・エデュケーション』。シーズン2の最後では、エイサ・バターフィールド演じるオーティスと、エマ・マッキー演じるメイヴがまたすれ違ってしまったり、チュティ・ガトゥ演じるエリックとコナー・スウィンデルズ演じるアダムがついに心を通わせたりと、シーズン3が待ち遠しくなる展開が描かれた。

 そしてシーズン2を通して大きな変化があった人物といえば、アダムの両親。オーティスの母でセックス・セラピストのジーンとの交流を通して、自分自身を見つめ直したアダムの母モーリーンと、ジーンに反発し続けたアダムの父でムーアデール高校の校長であるグロフ校長。

グロフ校長の後は誰が引き継ぐ?

 シーズン2の最後では、アリスター・ペトリ演じるグロフ校長は休暇を取るよう指示され、シーズン3ではいよいよ自分の性格を見つめ直すことに…?という雰囲気が漂っているけれど、となると、ムーアデール高校の校長先生は一体誰が?

 アリスターが自身のインスタグラムで公開した舞台裏の“家族写真”。

 そんななか英The Sunが、次の校長役にはあの俳優が決定したようだと報じている。

 それは、ドラマ『GIRLS/ガールズ』で有名なジェマイマ・カーク。

画像: グロフ校長の後は誰が引き継ぐ?

 今年で50歳のアリスターが演じるグロフ校長は、古臭く厳格な性格が描かれることが多かったけれど、ジェマイマは35歳。校長という役柄には若めであり、さらに女性ということで、現代が求めるドラマである『セックス・エデュケーション』の制作陣がそのような対照的な人物をキャスティングしたとなれば、シーズン3では新たな風が吹きそう。

 しかし、関係者は英The Sunに「でも彼女は手ごわい相手になりますよ。すでに強い女性キャラクターが多いキャストに仲間入りするわけですね」と話しており、どのような手ごわさなのかに興味が惹かれるところ。

 ジェマイマは本作のファンであり、ドラマに出演したがっていたという。もし彼女が次の校長役であれば、『セックス・エデュケーション』シーズン3はさらにおもしろくなりそう。配信日がいつになるかはいまだ決定していないけれど、多くのファンが首を長くして待っている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.