デビュー30周年の2020年に未発表曲やレア曲を集めたアルバム『レアリティーズ』と初の自伝本を出版して、これまでに明かされてこなかった秘話を次々と告白しているマライア・キャリー。自伝本やアルバムに収録されたコメントを中心に、マライアの名曲にまつわる逸話をご紹介。世界的歌姫マライア・キャリーの楽曲の裏には、いつも心を揺さぶるようなエピソードがある!

ヒーロー(1993年)

そうしたらヒーローがやってくる
突き進むための力と一緒に
そして恐怖心を押しやるの
そうしたら切り抜けられるって分かる

 自分の中にいるヒーローの存在を歌った「ヒーロー」は、当初は、映画『靴をなくした天使(原題:ヒーロー)』の挿入歌として別の歌手のためにマライアが作った曲。映画のあらすじを聞いたマライアは、スタジオでお手洗いに行った時にコーラスが頭に浮かび、スタジオに着くとすぐにメロディを鼻歌で歌いながら「そうしたらヒーローがやってくる(and then a hero comes along)」という歌詞を口ずさんだという。ちなみに「ヒーロー」の歌詞は、祖母に言われた“夢を諦めてはいけない”という教えがもとになっているとか。

 そのまま楽曲をレコーディングして、当時のソニーミュージックのCOOでありマライアの婚約者だったトミー・モトーラに聴かせたところ、「冗談だろ?この曲を映画にやるなんてダメだ。素晴らしすぎる。マライア、君がこの曲をやるんだ」と言われ、サードアルバム『ミュージック・ボックス』に収録することに。アメリカではマライアにとって8枚目の全米1位となり、世界では400万枚以上のセールスを記録する大ヒット作になった。

画像: 1993~1998年に婚姻関係にあったマライアとトミー・モトーラ。大企業の代表である夫と対等な関係にありたかったため、自宅の購入費から生活費まで、婚姻中はすべてを折半にしたという。

1993~1998年に婚姻関係にあったマライアとトミー・モトーラ。大企業の代表である夫と対等な関係にありたかったため、自宅の購入費から生活費まで、婚姻中はすべてを折半にしたという。

 マライアは当初は同曲を「よくある曲」として特別視していなかったそうだけれど、曲に共感した世界中のファンからの大量の手紙を読んで考えが変化。今では最もパフォーマンスするのが好きな曲だそうで、「だって、最低でも1人はこの曲に特別な思い入れがある人がいるわけで、この曲を作った自分としてはそれを誇らしく思う」と、2018年に米トーク番組『ホワッチ・ホワット・ハプンズ・ネクスト』で説明している。

 「ヒーロー」は、故マイケル・ジャクソンや9.11アメリカ同時多発テロ事件のトリビュートライブ、バラク・オバマ氏の大統領就任式などでパフォーマンスされている他、ダイアナ英妃を追悼するアルバムも収録されるなど、歴史的な出来事の中で歌われ続けている

画像: 2009年のバラク・オバマ米大統領の就任祝賀パーティーでも「ヒーロー」をパフォーマンスした。

2009年のバラク・オバマ米大統領の就任祝賀パーティーでも「ヒーロー」をパフォーマンスした。

ファンタジー(1995年)

甘い言葉を囁きながら
魅力的なあなたが毎晩通るたびに
心の中がざわざわするの
ベイビー、あなたに夢中

 マイケル・ジャクソンに続き史上2人目、女性としては初めて米シングルチャートであるBillboard Hot 100で初登場No.1を獲得したシングルとなった「ファンタジー」。

 好きな相手を見かけるたびに夢見心地になってしまう気持ちを歌った同曲は、リミックス版で、ウータン・クランのメンバーであるO.D.Bのラップをフィーチャリング。これは当時としては珍しく、のちの音楽界で、ブリトニー・スピアーズをはじめとしたシンガーがR&B色のあるポップ音楽を作ったことや、ビヨンセをはじめとしたシンガーたちがR&B楽曲にラップを取り入れたことに強く影響したと言われている。

画像: ビヨンセもブリトニー・スピアーズもマライアを敬愛している。©Mariah Carey

ビヨンセもブリトニー・スピアーズもマライアを敬愛している。©Mariah Carey

 ちなみにリミックス版では、冒頭でO.D.Bが「ニューヨーク、いるかい?ブルックリン、いるかい?」とシャウトするなか、アメリカ以外の地域としては日本だけが「ジャパン、いるかい?」と唯一登場する。

ヒア・ウィ・ゴー・アラウンド・アゲイン(1990年)

今回こそあなたは去らないと信じようとしている
でも心の奥底から声が聞こえるの
あなたは心変わりするって
あなたが私のものになることはない
私なぜ頑張ってるんだろう
あなたはそばにいるって言うけれど
でもなぜか分かるの
あなたはサヨナラと言うって

 マライアのソングライターとしての才能は、高校生の時に作ったというこちらの曲「ヒア・ウィ・ゴー・アラウンド・アゲイン」を聴いてもらえばわかるはず。

 マライアにとって初のデモテープの1曲目として収録された同曲は、マライアのレア音源や未発表音源を集めて2020年に発売されたニューアルバム『レアリティーズ』に収録されたのだけれど、そこでマライアは、「私は好きで、ファーストアルバムに収録したいと思っていたの。なぜされなかったのかは覚えていない。最初のデモの時の魔法を二度と再現できなかったのは覚えている。(『レアリティーズ』に収録されたバージョンは)それに一番近いものね」と説明している。

画像: 1990年、アルバム『マライア・キャリー』でデビューした当時のマライア。

1990年、アルバム『マライア・キャリー』でデビューした当時のマライア。

マイ・オール(1998年)

独りきり、眠れない夜に
あなたのことを考えている
あなたを愛することが悪ならば
私のハートは私を悪者にする
だって私はあなたに溺れているから
あなたがそばにいなければ
私は乗り越えられない

 6thアルバム『バタフライ』の収録曲「マイ・オール」は、マライアが自伝で、「自分が書いた史上最もリアルで大胆なラブソング」と称する曲。それもそのはず。この曲は、当時ソニー・ミュージックCOOのトミー・モトーラと婚姻中だったマライアが、メジャーリーガーのデレク・ジーターを思って書いた曲だから!

 束縛が激しかったトミーと別居中だったマライアは、デレクとプエルトリコ旅行へ。そこでデレクと熱いキスを交わしたそうで、マライアは帰りの飛行機で上記のリリックを書いたという。レコーディングされたこの曲を真っ先に聴いたのは、夫のトミー。彼はマライアのレーベルのトップなのだから当然なのだけれど、マライアいわく、トミーはこの曲は自分に宛てたものではないことをわかっていたという。

画像: 1998年、デレク・ジーターの試合を観戦するマライア。激しく燃え上がった2人の恋だけれど、長くは続かず2人は別々の道へ。

1998年、デレク・ジーターの試合を観戦するマライア。激しく燃え上がった2人の恋だけれど、長くは続かず2人は別々の道へ。

 マライアは自分の身に危険が及ぶかもしれないと思いながらもデレクに会いに行ったそうで、その時の気持ちが、サビの歌詞「あなたともう一晩過ごすために私のすべてを捧げる/あなたと体を並べるために命を危険に晒す」に現れている。

 当時のマライアにとって一世一代の恋を歌った「マイ・オール」は、彼女にとって13曲目の全米1位ソングとなった。

エモーションズ(1991年)

朝起きる時
最初に考えるのはあなたのこと
そして真夜中には
あなたの鼓動を隣に感じる

 マライアが、音楽史において史上初めてデビューから5曲連続で全米1位を獲得したアーティストという歴史を作った曲「エモーションズ」。

 マライアのハイノートやホイッスルボイスが多用されている同曲の発売当時は、“白人女性にこんな声が出せるなんて”(※マライアは白人と黒人のミックスレース)と驚く声が多かったものの、当時マライアは「音楽でも人間でも、これは黒人、これは白人って、みんななんでもカテゴリーにわけたがる。カテゴリーにわける必要ないと思うの。私は音楽をやっている。そして音楽は世界共通。黒人すぎる、白人すぎるなんてない」と英テレビ番組のインタビューで語った。

画像: 「エモーションズ」を歌った1991年のMTVビデオ・ミュージック・アワード会場にて。マライアは同アワードで、音源として残っているものとしては史上最も高いノートを出したという逸話がある。

「エモーションズ」を歌った1991年のMTVビデオ・ミュージック・アワード会場にて。マライアは同アワードで、音源として残っているものとしては史上最も高いノートを出したという逸話がある。

 近年ではビリー・アイリッシュやタイラー・ザ・クリエイターといった若手アーティストたちが、人種によって音楽カテゴリーをわけがちな風潮にNOを突きつけているけれど、マライアは90年代からこの問題と闘っていた

 「エモーションズ」はその後、ミュージック・ボックス・ツアー(1993年)、デイドリーム・ワールドツアー(1996年)、バタフライ・ワールドツアー(1998年)、レインボー・ワールドツアー(2000年)と、4ツアー連続でオープニングソングとして選ばれた、マライアにとってアイコニックな曲のひとつ。

画像: 東京ドームで初来日公演を行なった1996年、日本で撮られた写真。©Mikio Ariga

東京ドームで初来日公演を行なった1996年、日本で撮られた写真。©Mikio Ariga

画像: 1998年の来日公演時、買い物を楽しんでいる貴重なオフショットと、滞在先のホテルにてシェフの恰好をして写真を撮らせてもらうという今ではありえないようなワンシーン。

1998年の来日公演時、買い物を楽しんでいる貴重なオフショットと、滞在先のホテルにてシェフの恰好をして写真を撮らせてもらうという今ではありえないようなワンシーン。

恋人たちのクリスマス(1994年)

クリスマスには多くはいらない
欲しいのは一つだけ
クリスマスツリーの下に
プレゼントは期待しない
欲しいものはあなただけ

 1993年、アルバム3作連続で全米1位を獲得した超売れっ子のマライアに、レーベルが「クリスマスアルバムを作らないか」と打診。クリスマスアルバムは当時、キャリアの全盛期を過ぎたアーティストが作るものだったためマライアは不思議がったものの、子供時代からクリスマスが大好きだったマライアはこれを承諾。

画像: 「恋人たちのクリスマス」はリリースから25年が経った2019年に全米シングルチャート1位を獲得し、"最も時間をかけて1位を獲得した曲”など、多くの記録を作った。

「恋人たちのクリスマス」はリリースから25年が経った2019年に全米シングルチャート1位を獲得し、"最も時間をかけて1位を獲得した曲”など、多くの記録を作った。

 NYのマンションで、クリスマス映画『素晴らしき哉、人生!』を見ながらCASIOのキーボードを前に出だしのメロディを奏で「私はクリスマスのどこが好きなんだろう?何が好きで、子供の時は何を願ったっけ?と考えを巡らせたの」と、米Yahoo!に明かした。

 そうして15分ほどでベースが出来上がったという「恋人たちのクリスマス」は、近代にレコ―ディングされた最も有名なクリスマスソングに。2011年に新設されたクリスマスソングの米チャートBillboard Holiday 100では「恋人たちのクリスマス」が40週連続で1位を独占しており、もはやこのチャートはマライア・キャリー・チャートと言っても過言ではないほど。

 マライアのこの成功を受けてその後の音楽界では、若手のうちからクリスマスアルバムをリリースするのが主流に。デスティニーズ・チャイルドからジャスティン・ビーバーまで多くのアーティストが、マライアの築いた音楽界の新たなルールの足跡をたどっている

2016年にはテレビ番組の企画で、レディー・ガガやアデル、エルトン・ジョン、セレーナ・ゴメスなど豪華セレブが「恋人たちのクリスマス」を熱唱。やっぱりみんなこの曲が大好き。

ウィ・ビロング・トゥゲザー(2005年)

 Billboardにて14週にわたって全米1位を獲得し、2000年代に最も人気だった楽曲に認定された「ウィ・ビロング・トゥゲザー」。

 2005年に最も視聴されたミュージックビデオとなったMVは、前シングル「イッツ・ライク・ザット」との2部構成。「イッツ・ライク・ザット」のラストでマライアをじっと見つめる男性(ウェントワース・ミラー)が、「ウィ・ビロング・トゥゲザー」でマライアの結婚式に現れて花嫁マライアを花婿から奪っていく。ちなみにMVでマライアが着ていたウェディングドレスは、元夫トミー・モトーラとの結婚式で着たものなのだそう。

画像: 1993年6月5日に結婚した時、マライアは23歳、トミー・モトーラは43歳。結婚式でマライアが着用した約8メートルのロングトレーンつきのウェディングドレスは、「ウィ・ビロング・トゥゲザー」のMVで着用された。

1993年6月5日に結婚した時、マライアは23歳、トミー・モトーラは43歳。結婚式でマライアが着用した約8メートルのロングトレーンつきのウェディングドレスは、「ウィ・ビロング・トゥゲザー」のMVで着用された。

 第48回グラミー賞では、最優秀R&Bソングと最優秀女性R&Bヴォーカルパフォーマンス賞を受賞したこの曲。2分半過ぎからのパワフルなクライマックスは、「レコーディング中に(レーベルCEOの)LAリードが資本家たちと一緒に来てて見に来たがっているって言われて、私は『えぇ!?まだ曲が終わってないのに。エンディングどうしたらいいの!?』って焦って、さっきとは打って変わって(※シャウトするような口調でサビを歌う)って感じで歌ったの。だからエンディングはあの長いノートで終わるの。アドリブを思いつく時間がなかったから(笑)」と、お茶目すぎる裏話をマライアが2016年に米トーク番組『ホワッツ・ホワット・ハプンズ・ネクスト』で明かした。

セイヴ・ザ・デイ with ローリン・ヒル(2020年)

あなたには意見を持つ権利がある
でも私たちが暮らすこの世界
そろそろ建て直す時じゃない?
ボロボロに崩れてしまったことを
私たちは忘れがち
私たちが自分のために生きたら
もしも答えを探す努力をしなかったら
私たちは存在しなくなってしまうと

 最新アルバム『レアリティーズ』で初公開された曲「セイヴ・ザ・デイ」は、元々は、2011年にマライアとジャーメイン・デュプリがチャリティソングとして制作した曲。

画像: 1990年代からの旧知の仲であるジャーメイン・デュプリとは、一緒に2004年の大ヒットアルバム『MIMI』を生み出した。

1990年代からの旧知の仲であるジャーメイン・デュプリとは、一緒に2004年の大ヒットアルバム『MIMI』を生み出した。

 ゲストアーティストを迎える予定だったという同曲の制作中にジャーメインのツイートにタグづけされたのは、テイラー・スウィフトやドレイク、メアリー・J・ブライジといった豪華すぎるメンツ。しかし残念ながらこの計画は実現せず、楽曲は保管されてしまった。

画像: テイラーは音楽アワードでのマライアのパフォーマンス中にファン心丸出しで歓声を送る姿が話題になった一方、ドレイクはインスタグラムにマライアの写真にハートの絵文字をつけて投稿して敬意を表している。©Drake

テイラーは音楽アワードでのマライアのパフォーマンス中にファン心丸出しで歓声を送る姿が話題になった一方、ドレイクはインスタグラムにマライアの写真にハートの絵文字をつけて投稿して敬意を表している。©Drake

 そして2020年、マライアは「"私たちみんなの問題"というメッセージは今とても正しく思える」という言葉と共に、「セイヴ・ザ・デイ」を新曲としてリリース。そしてそこにフィーチャリングされたのは、なんと、あのローリン・ヒルの歌声! マライアは「このレコードで私たちの歌声を融合させられてとても楽しかった」とアルバムでコメントした。

 今回紹介したほかにも、多数のエピソードがあるマライアの楽曲の数々。それもすべては、マライアが音楽史を代表する歌姫であると同時に、歴史的な名曲を作り出してきた天才ソングライターであり、厳しい音楽界において自分自身で道を切り開いてきた女性だから。音楽業界を引っ張ってきたマライアの未発表曲やレア曲が聴ける新作『レアリティーズ』は現在発売中。

<作品情報>
マライア・キャリー Mariah Carey
アルバム『レアリティーズ/The Rarities』
購入・ダウンロードはコチラ:https://mariahcarey.lnk.to/TheRaritiesMC30

画像: マライア・キャリーの曲の裏には必ず「すごいエピソード」がある!【特集】
  1. ヒア・ウィ・ゴー・アラウンド・アゲイン(1990) ※初のデモ曲
  2. キャン・ユー・ヒア・ミー(1991) ※バーブラ・ストライサンドに歌ってもらいたくて作った曲
  3. ドゥ・ユー・シンク・オヴ・ミー(1993) ※「ドリームラヴァー」のB面
  4. エヴリシング・フェイズ・アウェイ(1993) ※「ヒーロー」のB面
  5. オール・アイ・リヴフォー(1993)※本人も存在を忘れていたレア曲
  6. ワン・ナイト(1995)※ジャーメイン・デュプリとの初期コラボ曲
  7. スリッピング・アウェイ(1996) ※「オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー」のB面
  8. アウト・ヒア・オン・マイ・オウン(2000)※映画『グリッター』に使われなかった曲
  9. ラヴァーボーイ (Firecracker Original Version) (2001) ※「ラヴァーボーイ」のオリジナルバージョン
  10. アイ・プレイ(2005)※12歳の子リナに捧げた曲
  11. クール・オン・ユー(2007) ※ジャーメイン・デュプリとのコラボ曲
  12. メズマライズド(2001) ※ロリス・ホーランドとのセッションから誕生した曲
  13. バードランドの子守歌(Live)(2014) ※マライアお気に入り曲のライヴ版
  14. セイヴ・ザ・デイ with ローリン・ヒル(2020) ※ローリン・ヒルとのコラボ曲
  15. クローズ・マイ・アイズ(Acoustic) (2020)※パーソナルな曲のアコースティック版

Photos: ゲッティイメージズ、ニュースコム

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.