3月24日は世界結核デー(World Tuberculosis Day)。人間の健康を最も脅かす伝染病のひとつである結核とは?今年のテーマは?

3月24日は世界結核デー(World TB Day)

 結核は人間の健康を最も脅かす伝染病のひとつ。結核が原因で、毎日、4,000人近い人が命を落とし、2万8,000人ほどが病に倒れているとWHO(世界保健機関)はしている。

 結核が人間に及ぼす破壊的な影響を知ってもらい、結核の世界的な流行を終わらせるための取り組みの強化を呼びかける日として、1997年に世界保健総会で3月24日が世界結核デーとして制定された。この日は、細菌学者ロベルト・コッホ氏が1882年に結核菌の発見を発表した日にちなんでいる。

日本では結核の約8割は肺です(肺結核)。結核菌が肺の内部で増えて、結核特有の様々な炎症が起こります。続いて肺が破壊されていき、呼吸する力が低下します。肺以外の臓器が冒されることもあり、腎臓、リンパ節、骨、脳など体のあらゆる部分に影響が及ぶことがあります(肺外結核)。ー公益財団法人 結核予防会

結核の根絶はSDGs(持続可能な開発目標)のひとつ

 WHO(世界保健機関)によると、結核を根絶するための2000年からの世界的な取り組みの結果、現在までに6,300万人の命が救われたという。しかし取り組みはそこで終わらない。2030年までに世界が一丸となって達成したい17の目標からなるSDGsでは、「結核の根絶」が目標のひとつとされており、ターゲット3.3では以下のように記載されている。

2030年までに、エイズ、結核、マラリアおよび顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症およびその他の感染症に対処する。

 WHOはこの目標を達成するためには、組織的な検査といった予防と、全員に治療を行き渡らせることが不可欠としており、世界のリーダーによる政治的意志と説明責任、財源の確保、あらゆる分野の人々の参加、地域の当事者意識を求めている。

今年のテーマは?

 2021年のテーマは「The Clock is Ticking(意味:時間は刻々と迫っている)」。2020年の新型コロナウイルスの世界的流行により取り組みに遅れが出たこともあり、世界のリーダーたちが約束した結核の終息という目標を達成するためには、もう時間がなくなってきているという危機感を知らせるためにこのテーマが掲げられている。

画像: 今年のテーマは?

※参照:WHO "World TB Day 2021"

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.