Photo:©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.
3名の俳優が、“12歳”という設定のもと、SNSで“友達募集”すると、一体何が起きるのか。それを検証するドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』が2021年4月23日に日本公開となる。被験者の中には、実刑判決を言い渡されるような行為をした者も。(フロントロウ編集部)

衝撃のドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』

 成人した俳優が未成年という設定でSNSへ登録し、どういったことが起こるかを検証したドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』が2021年4月23日に日本公開となる。本作は、制作国のチェコのみならず、世界的に問題となっているネット上での児童への性的虐待を映し出しているとして、様々な議論を呼んでいる。

 2017年秋、監督のヴィート・クルサークはチェコの通信会社O2社から一本の動画制作を依頼された。それは、チェコのインターネットにおいて衝撃的な方法で虐待されている子供たちが急増しているという事実にスポットライトを当てるための動画だった。クルサーク監督は、同僚のバーラ・ハルポヴァーをこのプロジェクトに加え、テストリサーチを重ね、本物のように見える偽のSNSアカウントを作成。プロフィールでの設定は「12歳の少女・ティンカ」。

 アカウントが作成されてから5時間あまりで、23歳〜63歳の総勢83名の成人男性が“12歳の少女”にコンタクトを取ってきたという。ビデオチャットを介した相互自慰の提案から始まり、多くの人が屹立した男性器の写真を送り付けてきた。また、警告もなしに動物ポルノを含むあらゆる種類のポルノのリンクを送り付ける男性もいた。その日の夕方、4名の男性がウェブカメラの前で「12歳の少女・ティンカ」本人が姿を見せなくとも、自慰行為を行なった。

画像1: ©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia,
Helium Film All Rights Reserved.

 その数日後、二人の監督はこの一連の現象を短い動画だけではなく、独立した長編ドキュメンタリーとして製作すべきだと結論づけ本作の制作が開始。

 巨大な撮影スタジオに作られた3つの子ども部屋で、幼い顔立ちをした3名の俳優(18歳以上)が偽のSNSアカウントで12歳のふりをするという任務を与えられた。彼女らは各々の部屋のPCで、連絡をしてきたすべての年齢の男性とコミュニケーションを取った。

 当初のプロジェクトと同様、大多数の成人男性はビデオセックスを要求し、自身の性器の写真やポルノのリンクを送信してきた。なかには恐喝する者も。精神科医、性科学者、弁護士や警備員など専門家の万全なバックアップやアフターケアを用意しながら撮影を続けること10日間。児童への性的搾取者が徐々に尻尾を出し始めるのだった…。

画像2: ©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia,
Helium Film All Rights Reserved.

 現代の子どもたちが直面する危険をありのまま映し出した恐るべきこの映画は、SNSと常に接するジェネレーションZ世代やその親たちに恐怖と共に迎えられ、本国チェコでドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録。児童への性的搾取の実態を描いた映像として、チェコ警察から刑事手続きのための映像が要求された。

画像3: ©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

©2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia,
Helium Film All Rights Reserved.

 チェコのニュースサイトAktualneによると、実際に処罰を受けた加害者は2人。1人は、出演者に対し未成年だと認識しながらわいせつな質問をしたばかりでなく、自宅に大量の未成年の裸体写真を保有していたことが判明。もう1人はドキュメンタリーの撮影中に、出演者の裸の写真を他の小児性愛者に売るなどといった恐喝をしたり、自分とのセックスの見返りに金銭を要求したりなどの行為をした。

 衝撃のドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』は、2021年4月23日より日本公開となる。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.