リュダクリスが、遠く離れた場所で出産が始まりそうになっていた妻の元へ駆けつけた方法がすごすぎる。(フロントロウ編集部)

リュダクリス、妻の出産に間に合うために…

 ラッパーであり、映画『ワイルド・スピード』シリーズのテズ役でも有名なリュダクリスは、7月の終わりに、妻でモデルのエドクシーとの間に第2子が誕生。リュダクリスにとっては第4子となるチャンスの出産に、彼も立ち会ったという。

 しかしリュダクリスは、エドクシーの出産が予定よりも2週間ほど早かったことを明かしており、そんな事情もあったのか、当日はかなりバタバタだったよう。リュダクリスが、米トーク番組『エレンの部屋』で明かした。

 じつは、その日は本拠地のジョージア州アトランタではなく、ニューメキシコ州で映画の撮影中だったというリュダクリス。しかしエドクシーから電話が入り、「子宮収縮が始まって、先生があなたも来るようにって言ってる」と言われたそう。

 仕事中だった彼は戸惑ったそうだが、すぐに飛行機の予約を取るために各航空会社に連絡。しかしなんと、空いている席がなかったという。

 そこで彼が連絡したのは…、自分が所有するプライベートジェットのパイロット! しかしもちろん、この飛行機はアトランタに停められていたため、アトランタから乗客なしでニューメキシコまで飛び、リュダクリスを乗せてアトランタへとんぼ返り。

 リュダクリスは、エドクシーが破水する1時間前に彼女のもとへ行くことができ、出産の最初から最後まで立ち会うことができたそう。

 仕事中であっても妻のもとへ駆けつけるリュダクリス、それをサポートした撮影スタッフ、そしてなにより、彼のセレブな解決方法がすごすぎる逸話となった。

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.