手持ちのコスメの使用期限が分からないなら要チェック! 気になるコスメの寿命の目安と、できるだけ使い切るためのコツをまとめてご紹介。(フロントロウ編集部)

覚えておきたい、コスメの使用期限の目安

 ついつい買ってしまうコスメは、同じアイテムを複数所有することが多く、結局使い切れずに長い間置いたままうというのはよくあること。そんな使いきれていないコスメで気になるのが、まだ使ってもいいのか、もう捨てた方がいいのか。

画像: 覚えておきたい、コスメの使用期限の目安

 そんなときのためにぜひ知っておいてほしいのが、コスメの使用期限の目安。コスメは時間の経過とともに劣化するため、安全に使うためには寿命の目安を覚えておきたい。

 コスメの使用期限とはどれくらいなのか、余らせずに使い切るためのコツと合わせてご紹介。

アイテム別の使用期限の目安

 まず知っておきたいのがその表記。食品と違ってコスメには明確な使用期限が書かれていないことがほとんど。これは現在の法律では問題ないとされていて、日本の医薬品医療機器等法によると、製造後3年以内で変質する化粧品を除き、使用期限を表示する必要はないという。

画像1: アイテム別の使用期限の目安

 つまり特別な記載がない限り使用期限は3年ほどということになるけれど、厳密には“製造から”3年が目安となるため、購入から3年とは限らないので注意が必要。

 そしてより分かりやすいのが、開封後の寿命の目安。一般的にコスメは、開封から1年間は問題なく使用できるとされている。ただしアイテムによっても差があるため、アメリカの皮膚専門医であるハドリー・キング医師が、安全に使うための使用期限をアイテム別で解説。

画像2: アイテム別の使用期限の目安

 キング医師が推奨する使用期限の目安はマスカラが3ヶ月、アイライナーやアイシャドウが6ヶ月〜12ヶ月、口紅が1年半、パウダータイプのファンデーションなどのパウダー系コスメが12ヶ月ほど。ただしこれより早い時期でも、アイテムが固くなったり、汗をかいたりと少しでも不安に感じる異常が見られる場合は、基本的に使わない方がいいそう。また多くのメーカーは使って肌に異変があった場合にも、すぐに使用を取りやめるよう推奨している。

使い切るために役立つ、有効活用術

 何色あっても困らないからと次々に買いがちな口紅などのリップメイク製品やアイシャドウは、とくに使い切れず余りやすいコスメ。そんな口紅とアイシャドウには、メイクのプロたちも勧める有効活用術がある。

画像: 使い切るために役立つ、有効活用術

 リップメイク製品の有効活用術とは、口紅とリップライナー、リップグロスを別のコスメの代用品として使うこと。口紅はチークやコントロールカラーとして、リップライナーはアイライナーとして、リップグロスはアイシャドウとして使えるという。

 そしてアイシャドウも、ほかのコスメの代わりとして使うことが可能。アイシャドウは、明るいカラーをハイライトとして、暗いカラーをアイライナーとして使用できるそう。

 コスメの劣化は、保管方法などによっても早まることがあるので、購入したときのパッケージを注意深く読むこともお忘れなく。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.