オリンピックに引き継いで、今日開幕したリオデジャネイロ・パラリンピック。フロントロウ編集部は、オリンピックのイケメン選手に引き続き、パラリンピックに出場する多才なイケメン選手たちもご紹介。

ジャレッド・ウォレス(陸上)アメリカ 26歳

画像: @Jarryd Wallace

@Jarryd Wallace

画像: ジャレッド・ウォレス(陸上)アメリカ 26歳

 昨年パラパン・アメリカで100メートルの金メダルを獲得した、右足が義足のジャレッド。趣味は、ギターやピアノを弾くことやサーフィン。未来のパラリンピック選手を援助するために、2012年から「Leg In Faith」基金を設立。


シャルル・ロゾワ(競泳)フランス29歳

画像: @Charles Rozoy

@Charles Rozoy

画像: シャルル・ロゾワ(競泳)フランス29歳

 ロンドン・パラリンピックでは、100メートルバタフライで金メダルを獲得し、今回のパラリンピックでは自由形、バタフライ、背泳、個人メドレーに出場するシャルル。左手が不自由な彼だが、自身の経験を生かし、講演会なども行う知的なイケメン。


リチャード・ブラウン (陸上)アメリカ 25歳

画像: リチャード・ブラウン (陸上)アメリカ 25歳
画像: @Richard Browne

@Richard Browne

 昨年行われた世界選手権では、100メートルと200メートルで世界記録を樹立した、今大会陸上競技で最も金メダルに近いと言われている、イケメンの義足スプリンター。休みの日には、サッカーやバスケットボールをするのが好き。


ブラント・ガーベイ(トライアスロン)オーストラリア31歳

画像: @ Brant Garvey

@ Brant Garvey

画像: ブラント・ガーベイ(トライアスロン)オーストラリア31歳

 2014年から3年連続でオセアニアチャンピオンのブラントは、競泳やウィルチェアーバスケットボールなどにも参加する義足のアスリート。普段は講演会などを行っており、日本にも来たことも。


アンドレ・ブラジル(競泳)ブラジル 32歳

画像: アンドレ・ブラジル(競泳)ブラジル 32歳
画像: @Andre Brasil

@Andre Brasil

 ファミリーネームが「ブラジル」と自国開催にふさわしい名前の持ち主のアンドレは、幼い時にポリオが原因で左足が不自由になったが、北京&ロンドン五輪で合計10個ものメダルを獲得し、今大会でも期待されるラテン系イケメン選手。


カーティス・マクグラス(カヌー)オーストラリア28歳

画像: @ Curtis McGrath

@ Curtis McGrath

画像: カーティス・マクグラス(カヌー)オーストラリア28歳

 元軍人のイケメン選手のカーティスは、2012年の軍人時代にアフガンで地雷を踏み両足を失ってしまったが、その4年後である今年のパラリンピックではカヌー選手として活躍。2020年の東京オリンピックにも出場したいと語っている。

This article is a sponsored article by
''.