アイシャドウやリップにイエローを使った新感覚メイクが、今海外でブームを巻き起こしている。なかでも注目されているのが、イエローチーク。

美肌効果が生まれる「イエロー」

 アイシャドウにイエローを使うことを提唱したニューヨーク在住のメイクアップアーティスト、ケイティ・ジェーン・ヒューズは、「イエローはどんな肌色のタイプの人にも合わせやすいの」とコメント。人肌にはもともと黄色の色素が含まれているため、差し色としてのせるだけでも肌の色を引き立たせ、美肌効果も生まれるという。

画像: ©aliciar_eyes

©aliciar_eyes

 一般的にイエローは奇抜な色という印象が強いものの、意外とメイクに取り入れると肌色になじみながら、目元にメリハリを加えたり、骨格に立体感が生まれたりと、実は使い勝手の良いカラー。

画像: ©popmydayapp

©popmydayapp

アイシャドウをチークに代用

 そうして今注目を浴びているイエローチークだけれど、残念ながらイエローチークは商品としてまだ世に出回っていないため、ビューティブロガーやメイクアップアーティストたちは、チークの代わりにアイシャドウを使ってイエローメイクをつくり出している。イエローチークにオレンジやピンクのチークを重ねたり、またはブロンザーで光を加えたり、アレンジ法も幅広い。

画像: ©diana_carreiro

©diana_carreiro

画像: ©grace_mcquillan

©grace_mcquillan

 コツさえつかめば、簡単に旬顔がつくれるイエローメイク。日本人の肌にもなじみやすいカラーなので、いつものメイクにマンネリを感じ始めたら、開放的な夏色メイクで勝負してみるのもいいかも。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.