パリ在住のオシャレブロガーの着こなしから見る、最旬パリジェンヌファッションの5つのルールをピックアップ。

 トレンドに流されず、個性を生かしたオシャレで憧れの的とされるパリジェンヌ。そこで今回は、パリを拠点に活動するブロガー兼イラストレーターのサライ・マルティンの着こなしから、今っぽさを足したパリジェンヌスタイルを作る5つのルールをご紹介。

デニムはゆるく履きこなす

 永遠の定番アイテムであるデニムを着こなす時、サライはスキニーデニムなどのタイトなものは選ばず、ゆったりとしたシルエットのものを選び、力を抜いてエフォートレスに着こなし。

画像1: デニムはゆるく履きこなす

パフスリーブになったギンガムチェックのトップスを、ZARAのマムジーンズにインしたら、小物はすべて茶系で統一してマイルドなムードに。


画像2: デニムはゆるく履きこなす

ピタっとした黒Tはフレイドヘムのワイドパンツで力を抜き、ZARAのツイードミニバッグを肩掛け。ASOSのファー付きスリッポンでポップに。

赤を差し色に取り入れる

 小物や色使いが上手なサライは、ステートメントにもなる赤をよくスタイルに盛り込み、思わず目を引くコーディネートを完成させている。

画像1: 赤を差し色に取り入れる

小物を黒で統一したパリシックな着こなしには、胸元にラッフルをあしらった赤のトップスを差し色にプラスして。ブラウスを1番上のボタンまで閉めるのがポイント。


画像2: 赤を差し色に取り入れる

エアリーなブラウス+黒ボトムスというシンプルスタイルも、赤のシースルーストッキングとショルダーバッグという小物使いで見違えるほどキャッチーに。

スニーカーで崩す

 1つのアイテムからもいろいろな表情を引き出すのが得意なサライらしく、ガーリーやシックなワンピースをスニーカーで崩し、雰囲気をがらりと変えている。

画像1: スニーカーで崩す

オレンジのワンピースにレトロなキャットアイサングラスを合わせ、足元はエスパドリーユ風スニーカーに、シースルーのドットソックスを足して退屈知らずなスタイルに。


画像2: スニーカーで崩す

シックなBLANCOのレースニットワンピースは、白スニーカーとラウンドサングラスを合わせれば、一気にレトロカジュアルに刷新。

マリンキャスケットがマストアイテム

 サライがほぼ毎日着けている愛用アイテムは、マリンキャスケット。意外とどんなテイストにもマッチし、絶妙になじむマリンキャスケットのリアルな着こなしはサライから学びたい!

画像1: マリンキャスケットがマストアイテム

ZARAのギンガムチェックワンピースには、あえて柄入りのGUCCIのバックレスシューズでアイコニックに。マリンキャスケットでコーディネートに変化球を。


画像2: マリンキャスケットがマストアイテム

子供っぽくなりがちなデニムのオールインワンを、マリンキャスケットとCHANELのフラットシューズで落ち着いた大人のマリンスタイルに着地。

パリジェンヌといったらボーダー

 昔から変わらないパリジェンヌのイメージといったら、ボーダートップス。キャスケットをプラスしてマリン風にシフトするのがサライ風。

画像1: パリジェンヌといったらボーダー

普段からバレエシューズをよく投入しているサライは、赤のボーダーTシャツを合わせて軽快に着こなして。


画像2: パリジェンヌといったらボーダー

黒のショートパンツとマリンストライプという開放的なビーチスタイルには、やっぱりサライ愛用のキャスケットをオンしてパリジェンヌらしさをアピール。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.