トップモデルのケンダル・ジェンナーを担当する皮膚科医が背中ニキビを防ぐ超簡単な方法を解説。

 オフショルダーや背中が大きく開いた洋服が今年もトレンド入りし、水着を着る機会が増えるなど、露出が多くなる夏の時期。そんな季節に気になるのが、いつの間にかできてしまう「背中ニキビ」。

 英語でも背中の「Back(バック)」とニキビの「Acne(アクネ)」を繋ぎ合わせた造語の「Bacne(バクネ)」という言葉が誕生してしまうほどに海外でも女性たちを悩ませている。

 そんな肌トラブルを簡単に防ぐ方法を、若手トップモデルのケンダル・ジェンナーを担当する美容皮膚科医のクリスティ・キッド医師がケンダルのアプリを通じて伝授。

  

背中ニキビを防ぐには?

 ケンダルのように、ツルツルで背中ニキビ・ゼロの美背中を目指す方法とは、「入浴やシャワーの際、髪を洗った後に体を洗うようにする」ということ!

画像: 背中ニキビを防ぐには?

 何とも簡単で、「それだけで防げるの?」と疑いたくなる方法だけれど、キッド医師によると従来のシャンプーやコンディショナーには、肌荒れの原因となりやすい化学物質が複数含まれているため、髪をしっかりと洗い流した後でも、それらの物質が背中に付着したまま残ってしまうとニキビができやすくなるという納得の理由が。

 このことは、背中ニキビだけでなく、体全体に言えることなので、「髪よりも体を先に洗う派」の人は、浴室を出る前に、もう一度ヌメりやすすぎ残しが無いかしっかりとチェックしたほうが良さそう。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.