映画『トワイライト』で一躍ブレイクを果たした人気俳優のロバート・パティンソンが、主演映画の撮影中に小道具として用意されたニセ札を使って買い物をしていたことが判明。

あまりにもリアルすぎて…

 2014年の東京国際映画祭でグランプリと最優秀監督賞を獲得した『神様なんかくそくらえ』で知られる新進気鋭の監督兄弟ジョシュア&ベン・サフディーによる最新作『グッド・タイム』に主演している俳優のロバート・パティンソン

 今月11日に米公開された同作で、これまで演じたことのない小悪党を熱演しているロバートが、撮影中にうっかり法を犯してしまっていたことが明らかに。

画像: 左から:ベン、ロバート、ジョシュア。『グッド・タイム』は今年のカンヌ国際映画祭でも高い評価を得ている。

左から:ベン、ロバート、ジョシュア。『グッド・タイム』は今年のカンヌ国際映画祭でも高い評価を得ている。

 米ザ・ハリウッド・リポーターとのインタビューで、ジョシュア監督は、作品内に登場するドル紙幣は偽物なものの、「小道具担当がとにかくリアルを追求することにこだわって、ものすごく本物そっくりのニセ札を作ったんだ」と、その出来栄えがかなりリアルであることに言及。

 さらに、当時、役に入り込むことに熱中していて、衣装のまま近所に散歩に出かけるなどして意識を高めていたロバートが、ある日、「ヤバい、俺、犯罪を犯しちゃったよ。あの小道具のニセ札を何百ドルか使っちゃったんだ…」と打ち明けてきたと話した。

画像: あまりにもリアルすぎて…

 どうやら小道具担当渾身のニセ札があまりにもリアルだったため、使った本人も受け取った店員も気がつかなかったよう。

 しかし、「うっかり」だったとは言え、ニセ札の使用は立派な犯罪。今回のインタビューがキッカケでロバートが逮捕…なんていうことにならないことを願う。

 同作は日本でも11月3日からシネマート新宿ほかでロードショー。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.