日本発のブランド「サマンサベガ」のCM出演で話題の2世モデル、デライラ・ハムリンの体を横から見た際の「S字カーブ」の美しさに思わずうっとり。

次世代スターとして大注目

 海外のミレニアル世代を広告に起用して話題の日本発ブランド「サマンサタバサ」の姉妹ブランド、「サマンサベガ」のCM出演で注目を浴びている2世セレブのデライラ・ハムリン。 

 現在19歳のデライラの父は、ドラマ『マッドメン』などの作品で知られる俳優のハリー・ハムリンで、母はアメリカで大人気のリアリティ番組『ザ・リアル・ハウスワイヴス・オブ・ビバリーヒルズ』に出演する女優のリサ・リナ。両親ともにハリウッドスターの彼女は、正真正銘の2世セレブというわけだ。 

 そんな彼女が以前出席したイベントで披露した、「美脚」と「S字カーブ(※)」が完ぺきすぎるとファンの間で話題になっている。

 ※横から見ると「S」の形に見えるボディラインのこと。

画像1: 次世代スターとして大注目

 この日、体のラインが強調されたタイトなミニドレスで会場に現れたデライラ。ドレスからのぞく長い脚とキュッと上がったヒップはため息ものの美しさ。

画像2: 次世代スターとして大注目

 横から見たボディラインは見事な「S字」を描いている。本人も自信があるのか、ポーズを取る際もこのドヤ顔。

 ちなみに、まだ芸能活動を始めて間もないデライラだが、サマンサベガへのCM出演で日本での知名度が一気にアップすること間違いなし。次世代スターとして大注目の彼女から今後も目が離せない!

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.