カルフォルニア州がLGBT+の内容を含む教科書を、アメリカで初めて認めた。

 先週木曜日、カルフォルニア州教育委員会が、中学校までの教科書にLGBT+の歴史の内容を含めることを認めた。これは、50ある州の中で初めての試み。さらに、LGBT+の歴史を含んでいない2つの教科書を使うことを禁止した。

 多くのLGBT+団体が、何年も教科書にLGBT+のことを加えるようにと教育委員会に申請を続けてきたけれど、何度も却下されてきた。

 この記念すべき決定に対し、LGBT団体「イクオリティ・カリフォルニア(Equality California)」の代表であるリック・ジーブアは、「この長い戦いでの勝利は、カルフォルニアの生徒がLGBTQの人々の歴史や貢献について学べる大きなステップです」と喜びのコメントを出した。

画像: アメリカで初!カルフォルニア州、LGBTの内容を含む教科書を認める

 LGBT+の人たちがどんどん受け入れられてきている世の中で、生徒の教育に大きく関わってくる教科書にLGBT+の内容が含まれるというのは、未来に大きな影響を与えることになるだろう。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.