受験シーズン真っ只中の日本。センター試験が行われ、今年の入試も峠を迎えたなかで気になるのは、やっぱりテストのスコア。そこで、アメリカ版のセンター試験と言われるSATで、高得点を取ったセレブたちをご紹介します。

SATスコアとは?

 SATと呼ばれる学力試験は、アメリカの大学に進学するためにほとんどの高校で行われる学力テスト。

 そのスコアによって進学したい大学に出願できる、「アメリカ版センター試験」とも呼ばれるこの試験で、驚異の高得点(1,600満点)を取ったことがあるセレブたちをご紹介します。

ナタリー・ポートマン 1,400点

子役時代から女優として活躍するオスカー女優のナタリーは、名門ハーバード大学を卒業した秀才。

そんなナタリーは、満点1,600点のSATスコアで1,400点台後半を獲得したと言われている。

画像1: SATスコアとは?

ウィル・スミス ほぼ満点

ウィルといえば、おちゃらけたキャラクターを思い浮べる人が多いが、高校時代に受けたSATでは、なんと満点に近いスコアを獲得したそう。

そんなウィルは、進学に興味を持っていなかったことと、ショービズ界で活躍するために、大学進学という道には進まなかった。

画像2: SATスコアとは?

ケシャ 1,500点

キャッチーなリズムで大ブレイクした人気シンガーのケシャも隠れた秀才。SATのスコアが1,500点だったことを認めている。

さらに、この点数をたたき出す前には、高校を中退することまで考えていたという。

画像3: SATスコアとは?

ベン・アフレック ほぼ満点

高校時代にほぼ満点を獲得したと言われるベンは、俳優業のかたわら、バーモント大学に進学したのち、オクシデンタル大学に編入した。

ベンの幼なじみであるマット・デイモンもまた、ハーバード大学に入学した頭脳派。

画像4: SATスコアとは?

スカーレット・ヨハンソン 1,080点

スカーレットの学生時代は、1,200点代を取っていれば優秀と言われていた時代。そんななかで彼女は1,080点を獲得。しかもこのスコア、数学のテスト(800点満点)の半分を回答していなかった状態で取れた点数だったをインタビューで語っている。

画像5: SATスコアとは?

This article is a sponsored article by
''.