あて先が間違っているメールが届いたら、あなたはどうしますか?

 ある女性が自分の着ているドレスを試着。そのドレスが似合っているかアドバイスをもらうために、正面からと後ろから撮った写真をメールに添付して送信。

画像1: 間違いメールを送った相手から返ってきた反応はいかに?

 しかし、そのメールを送ってしまったのはまったく知らない男性。
 ところが、このメールを受け取った男性は、女性にちゃんと返事を送った。

 そのメールには「このメッセージのあて先は、誰かと間違っていますよ」と忠告しつつ、「私の妻が家にいないので、彼女の意見は聞けませんが、私と子供たちはとても美しいと思います!あなたはこのドレスにするべきだと思いますよ」と、自分たちの意見を入れて返答した。

 さらにこの男性は、5人の子供たちが親指を立てて「いいね」としている写真も添付。

画像2: 間違いメールを送った相手から返ってきた反応はいかに?

 この一連のやり取りを、彼女の友人がツイッターで拡散すると一躍話題に。
 普通ならばただ恥ずかしい思いをして終わる間違いメールに、こんなに楽しい返事を返したお父さんと子供たちに拍手。

This article is a sponsored article by
''.