ミランダ・カーやジゼル・ブンチェン、グウィネス・パルトロウなど、多くのセレブが美容のために取り入れているレモンウォーター。

 ダイエットや美容に効くことで広く知られているけれど、でも何がどう効いて、どう取り入れたらいいのか、イマイチ知らない人も多いのでは? そんな疑問を専門家が解決。 

画像: ダイエットに効くレモンウォーター、正しい取り方知っていますか?

 アメリカの栄養士でパーソナルトーレナーを務めるオータム・ベイツが、レモンウォーターの効果的な取り方を、米メディアPopsugarに話した。

果汁だけでなく、皮も入れると効果アップ!

 オータムによると、レモンウォーターにレモンの皮も入れることで、さらに効果がアップ。レモンの皮には、体重の減少を助ける働きのあるポリフェノールが含まれているという研究結果があるだけに、ダイエット効果も皮を入れることで高くなるそう!

画像: 果汁だけでなく、皮も入れると効果アップ!

水とレモンのバランスは?

 レモンが持つパワーについてオータムは、「1個のレモンでも、体内でコラーゲンを生成したり免疫力を高めるビタミンCが豊富に含まれているの。それに、レモンを取ることでデトックス効果と美肌効果が期待できるグルタチオンを再生させることができるわ」とコメント。

画像: 水とレモンのバランスは?

 レモンウォーターを作る際の水とレモンの効果的なバランスは、約220mlの水に少なくともレモン半個分のスライスを加えるといいそう。

レモンウォーターは、冷たい水より「ぬるま湯」の理由

 レモンウォーターを作るときには、冷たい水ではなく、ぬるま湯で作る方が効果が高くなるそう。その理由は、ぬるま湯の方がレモンの果実や皮からポリフェノールやビタミンCが抽出しやすくなるから。これから暑くなるとつい冷たくしたくなるけれど、ぬるま湯で我慢しよう。

画像: レモンウォーターは、冷たい水より「ぬるま湯」の理由

飲むタイミング、効果的なのは寝起き

 またオータムいわく、飲むタイミングで効果が違うそう。人は眠っている間の呼吸から水分を失っているため、起きてすぐにぬるま湯のレモンウォーターを飲むことで、夜間失った水分をしっかり補給できるという。

画像: 飲むタイミング、効果的なのは寝起き

 水分を体に補うだけで、血流やリンパの流れが良くなり代謝がアップするので、痩せやすい体質作りにも効果が抜群だという。

 水とレモンだけで作れる、とても簡単なレモンウォーター。効果を理解して、これからのダイエットや美容ケアに取り入れてみて。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.