最新EP『オキシジン』を発売したばかりのオースティン・マホーンが、日本ツアーをスタートさせた。

 来日公演のために、今年二度目となる来日を果たしたオースティン・マホーン。ツアー初日開催地として選ばれたのは、福岡。

 初開催となる福岡公演には、2,000人のファンが集結。オースティンが「好いとうよ、福岡!」と博多弁を披露すると、ファンは大興奮。

画像1: ©Olav Stubberud

©Olav Stubberud

 オースティンは自ら客席にまで下り、ブルゾンちえみとのコラボで大ヒットした「ダーティー・ワーク」を披露。ファンは超至近距離でオースティンを堪能でき大満足。

 さらに、「ユー」のパフォーマンス中にはなんと、ランダムに選ばれたラッキーなファンをステージに招待!オースティンがそのファンを抱きしめながら歌うという大サービスで、ファンの歓声は絶頂に。

画像2: ©Olav Stubberud

©Olav Stubberud

 この公演では、「ダーティ・ワーク」をはじめ、「ソー・グッド」などを含む全20曲を披露した。

 今回約1年ぶりに来日を果たし、福岡の次には大阪、名古屋、東京と日本各地で公演を行う。


画像1: オースティン・マホーンがついに日本ツアーをスタート!博多弁を披露する場面も

アルバム『ダーティ・ワーク -ザ・アルバム』発売中

画像2: オースティン・マホーンがついに日本ツアーをスタート!博多弁を披露する場面も

最新EP『オキシジン』配信中

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.