シンガーのオースティン・マホーンが、日本語のTシャツを着用してラスベガスで行われたパーティーに登場した。

 6月1日に日本での全国ツアーを大盛況のうちに終わらせたオースティン・マホーン。彼はツアー後に帰国して、先日ラスベガスで行われたプールパーティーにパフォーマーとして参加。その日パフォーマンスの前には、レッドカーペットにも姿を現したオースティン。その時に着用していたオースティンのTシャツに注目。

画像1: オースティン・マホーン、日本の「羽毛布団」の企業Tシャツで海外イベントに出席

 なんとそのTシャツは、日本語で「だんだん」と「ありがとう」の文字がデザインされているもの。「だんだん」「ありがとう」とは、一体どういう意味なのか疑問に思った人もいるはず。実は「だんだん」とは、出雲の方言で「ありがとう」との意味をもつ。

画像2: オースティン・マホーン、日本の「羽毛布団」の企業Tシャツで海外イベントに出席

 フロントロウ編集部が調べたところ、このTシャツは、羽毛布団の再生を行っている日本の企業「羽毛布団再生工房ウェルシー」のオリジナルTシャツであることが判明。同社に取材したところ、Tシャツがどういった経緯でオースティンの手に渡ったかは分からないという回答が帰ってきた。

 そしてその後のフロントロウ編集部の調査で、このTシャツは日本のファンからの贈り物だったことが判明。それを気に入ったオースティンがイベントに着ていき、この企業Tシャツルックが完成したということのよう。

 今回オースティンが着用している「だんだんのTシャツ」は、1枚2,500円(税別)で、色はオースティンが着ている白と黒が販売されている。 (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.