女優のドリュー・バリモアが元彼にしたある仕返しを暴露。その内容が強烈!

 Netflixオリジナルドラマの『サンタクラリータ・ダイエット』で主演を務める女優のドリュー・バリモア(43)が、人気トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ』に出演。そこで、過去に元恋人の車にしたあることを告白。

画像: ドリュー・バリモア、元彼の車にした「仕返し」が強烈すぎる

 90年代にある男性と別れたドリューは、友人と相手の男性の車をスプレーでペイントしてしまったという。自分だとバレないように「アナーキー(※)!」という文字や海賊のマークを描いたことを、「ギャングになったようだったわ!」と楽しそうに話したドリュー。
※無秩序や無政府な状態であること

 するとその後自分の車が大変なことになっていることが分かった元彼から、泣きながら電話があったようで、「君はこんなことしないよね?」と言われ「するわけなじゃん」とクールに答えたそう。

 ドリューはこのことを、「すごく満足したけど、もうこれで彼にバレちゃうわね」と苦笑いしていた。ちなみに、他人の持ち物にスプレーでいたずら書きをする行為は器物損壊罪にあたるので、今回のドリューの行為は真似しないように。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.