7月6日の金曜ロードSHOW!で放送される映画『ジュラシック・パーク』に出てくるティラノサウルスの鳴き声は、じつはあの動物の声だった。

 スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、大ヒットした1993年の映画『ジュラシック・パーク』では、肉食から草食までたくさんの恐竜が登場する。そのなかでも1番恐ろしいのが、恐竜の王様とも言われているティラノサウルス。

画像: 『ジュラシック・パーク』ティラノサウルスの鳴き声の正体、実はあの動物だった

 姿だけでも迫力満点だけれど、そのティラノサウルスをより恐ろしくするのが鳴き声。映画でも唸ったり鳴いたりと、安全な場所で映画を見ているこちらさえも、飛び上がってしまうような声を披露しているティラノサウルス。じつは映画で使われているこの鳴き声の正体は意外な動物の声だった。

 じつは映画のティラノサウルスの鳴き声は、いくつかの動物の鳴き声を混ぜてできあがったもの。その動物とは、犬・ペンギン・トラ・ワニ・ゾウ。この5種類の動物の鳴き声を絶妙にミックスして完成したものが、ティラノサウルスの鳴き声として使用されていたのだ。

 本日金曜ロードSHOW!で放送される『ジュラシック・パーク』に出てくるティラノサウルスの鳴き声を、よ~く聞いてみたら分かるかも?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.