女優のダヴ・キャメロンが、映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』を観た感想を力説。彼女の壮絶すぎるリアクションに日本公開への期待が高まる! 

周囲の観客に謝罪

 ハイレベルな歌やダンスが人気のディズニーチャンネルの人気TV映画『ディセンダント』や、シンガーのアリアナ・グランデと共演した米NBCの生放送ミュージカル番組『ヘアスプレー・ライヴ!』での素晴らしいパフォーマンスが評判となり、ファンたちからブロードウェイ・デビューを熱望する声が上がっているダヴ。

『ヘアスプレー・ライヴ!』の舞台裏にて。

 そんなミュージカル界の新星としても注目を浴びる彼女が、北米ではすでに公開中のミュージカル映画『マンマ・ミーア!』の続編『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』を鑑賞。その感想をツイッターを通じてファンたちに報告。

 劇場で同作を観た直後に感想を投稿したダヴは、なぜか周囲の観客への謝罪の言葉を口に。その理由は、あまりにも感動しすぎて、鑑賞中に声を上げて号泣してしまったからだという。

 ダヴは興奮冷めやらぬ様子で「今、『マンマ・ミーア!2』を観てきた。私の小さなミュージカル魂が完全に揺さぶられたわ。私と同じ劇場で観ていた人たちに正式に謝りたい。(感動しすぎて)一時的に手足と泣き声のコントロールが効かなくなっちゃった。かなり大声だったと思う」と自分でも制御不能になるくらい感情的になり、しまいには膝を抱えて号泣するほどだったと明かした。

 じつは、ダヴがこんなにも同作に思い入れがあるのには、れっきとした理由が。それは、彼女が、2017年の7月に米ハリウッド・ボウルで上演された舞台版の『マンマ・ミーア!』に主演していたから。

 ダヴは映画版でアマンダ・サイフリッドが演じているソフィを熱演し、業界内外から大絶賛されていた。

 ちょうど今から1年ほど前に全身全霊を捧げた作品の続編とあって、ダヴは感慨もひとしおだったよう。

 この夏の超目玉作品の『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』は、いよいよ日本でも8月24日から公開がスタート。海外では公開後10日間にして興行収入がすでに1.6億ドル(約185億円)を突破するという好発進となっている。ダヴのリアクションからみても、かなり見応えのある作品となっていることが期待できる! (フロントロウ編集部) 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.