ジェイデン・スミスが「おしゃれのお手本にしている人物」として挙げた3人が個性的すぎる。

 大御所俳優ウィル・スミスの息子で俳優やラッパーとして活躍しているジェイデン・スミス

 生粋の2世セレブである彼は、型破りで奇想天外な発言だけでなく、女性物のスカートやワンピースを身に着けたり、セレブがドレスアップして集うファッションの祭典「METガラ」に切り落としたばかりの自分の髪の毛をアクセサリー代わりに持参たりと、斜め上を行く自由で独創的なファッションで個性を主張している。

画像: 女性物のスカートやワンピースを難なく着こなすジェイデン。

女性物のスカートやワンピースを難なく着こなすジェイデン。

画像: 2017念のMETガラにて。

2017念のMETガラにて。

 そんなジェイデンが、米男性誌GQとのインタビューで「ファッション・アイコン」として着こなしのお手本にしている3人の人物を告白。その面々がやっぱりスゴかった。

 まずジェイデンが挙げたのは、ラッパー兼音楽プロデューサーのタイラー・ザ・クリエイター

画像: タイラー・ザ・クリエイター。

タイラー・ザ・クリエイター。

 カラフルな色使いやポップでカジュアルな着こなしを得意とする彼のファッションは、海外の若い世代に人気があり、ジェイデンが参考にするのも頷けるセンスの良さ。

画像1: ジェイデン・スミスが「ファッションのお手本にしている人」が独特すぎる

 タイラーとプライベートで交流があるジェイデンは、「シュプリーム(Supreme)を俺に教えてくれたのはタイラーなんだ。タイラーが良いって言うまでは、あのブランドは眼中に無かったね」とタイラーの審美眼を絶賛している。

 そして、ジェイデンが2人目のファッションアイコンとして挙げたのは、大好きなスーパーヒーロー、バットマン

画像: 1992年米公開の『バットマン・リターンズ』のワンシーン。演じているのは俳優のマイケル・キートン。

1992年米公開の『バットマン・リターンズ』のワンシーン。演じているのは俳優のマイケル・キートン。

 あまりにもバットマンが好きすぎて、真っ白なバットスーツを特注し、レッドカーペットイベントや高校の卒業パーティー、果ては2014年に行われたラッパーのカニエ・ウェストとキム・カーダシアンの結婚式にも正装としてバットスーツを着用していたジェイデン。

画像: 特注の白いバットスーツは大のお気に入りで何度もヘビロテ。

特注の白いバットスーツは大のお気に入りで何度もヘビロテ。

 スーパーヒーローをファッションのお手本という視点で見ているというのは、やはり彼ならでは。

 そして最後の1人は、なんと、ギリシャ神話に登場する海と地震を司る神ポセイドン

画像2: ジェイデン・スミスが「ファッションのお手本にしている人」が独特すぎる

 ポセイドンのファッションを尊敬している理由について、ジェイデンは、「彼っていつも1つ上のレベルのバイブを漂わせてると思うんだよね。ちょっとニヤリとしてる表情も良いし、一瞬からかわれてるのかなとも思うんだけど、そこがまた良い」と回答。さらに、「布のドレープ感がたまらないよね」とポセイドンの布1枚の着こなしについて熱く語っていた。

 ファッションのお手本として挙げた3人中2人が、もはや実在の人物ではないというユニークな結果となったが、まるで普通の人とは違う次元で生きているかのような独特感性を持つジェイデンに選ばれた面々だと思うと妙に納得がいく。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.