英王室のメーガン妃が着用したウェディングドレスよりも影響力を誇るウェディングドレスって? それは、つい最近結婚式をあげたあのセレブのドレスだった。

 今年の5月に執り行われたメーガン妃とヘンリー王子のロイヤル・ウェディング。結婚式で世界中がもっとも注目したのは、メーガン妃のウェディングドレス。

画像: メーガン妃のウェディングドレスよりも影響力のある「あのセレブ」のドレスって?

 メーガン妃がこの日着用したウェディングドレスをデザインしたのは、ジバンシィのクレア・ワイト・ケラー。このドレスは上品でタイムレスと大好評で、これからも語り継がれるウェディングドレスの1つとなった。

メーガン妃を超えるドレスが登場

 そんななか、メーガン妃のウェディングドレスの影響力を超えるドレスが登場。それは、ファッションブロガーであるキアラ・フェラーニが着用した3つのディオール(Dior)のドレス。ビジネスウーマンとしても知られるキアラは、もはやファッションブロガーとしての枠を超えて活躍しており、先日、ラッパーのフェデスと夢のような結婚式を挙げたばかり。

挙式で着用したウェディングドレスの製作時間は、1,600時間以上だったそう。

 1,400万人以上のフォロワーを持つキアラと、660万人以上のフォロワーを持つフェデスの、最強インフルエンサー夫婦が挙げた結婚式はSNSで大きな話題となり、ソーシャルメディアを分析するローンチメトリックスが発表したMIV(メディアの影響力を示す指数)は、メーガン妃のドレスは7%だったのに比べて、キアラのドレスは15%だった。

 さらにキアラがディオールに与えた経済効果を調べたところ、なんと約6億8,000万円の価値という結果に。

 さすがの英王室も、SNSで多大なる影響力を誇るキアラのドレスには勝てなかった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.