映画『スカイスクレイパー』が現在公開中の俳優ドウェイン・ジョンソンが、娘から「パパの茶色いオッパイが好き」と言われて冷静にあるツッコミを入れた。

ドウェインが愛娘の可愛らしい“間違い”を指摘

 公開中の映画『スカイスクレイパー』や、映画『ワイルド・スピード』シリーズなどの出演作で知られるドウェイン・ジョンソンが、愛娘ジャスミンちゃんとのクスッと笑える微笑ましいやりとりを明かした。

 「小さなトルネード(ジャスミンちゃんのこと)に泳ぎ方を教えたんだ。その際にシャツを脱いだら、娘から『パパの茶色いオッパイが好き』と言われた。ありがとう、ベイビー。でも、パパにあるのは乳首でオッパイではない」

画像: www.instagram.com
www.instagram.com

 ドウェインと彼の10年来の恋人ローレン・ハシアンとのあいだに生まれたジャスミンちゃんは、まだたったの2歳。そのため、「オッパイ(boobies)」という言葉の解釈をちゃんと理解していなくても無理はないが、そんな幼い娘にドウェインはあえて容赦ないツッコミを入れて笑いを誘った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.