『グレイテスト・ショーマン』を超える興行成績を記録している映画『クワイエット・プレイス』が、ついに9月28日から公開される。

『クワイエット・プレイス』がついに公開

 『ドント・ブリーズ』、『ゲット・アウト』など大ヒットホラー映画の興行収入を軽々超える大ヒットとなっている映画『クワイエット・プレイス』が、9月28日(金)より日本公開。

 米映画批評サイトのRotten Tomatosでは驚異の95%の評価を獲得し、多くの観客が90分間の“呼吸の音さえ恐怖に変わる”ストーリーに魅了された。

 実生活でも夫婦であるエミリー・ブラントとジョン・クラシンスキーが夫婦役を務め、ジョンが主演兼監督を務めたことでも注目を浴びた『クワイエット・プレイス』から、音を立てたら即死の状態で行われる出産シーンの本編映像が到着。

画像: 『クワイエット・プレイス』本編映像/映画史上最恐の出産?! www.youtube.com

『クワイエット・プレイス』本編映像/映画史上最恐の出産?!

www.youtube.com

 音を立ててはいけないという状況下で、陣痛に見舞われたエミリー演じるエヴァ。

 たった1人、バスタブのなかで息を潜め、声を押し殺して陣痛に耐えながら出産しようとする映像は、わずか30秒間ながら、見ているだけで息を止めてしまいそうな緊迫感がにじみ出ている。

画像: 『クワイエット・プレイス』がついに公開

 じつはこのシーン、撮影開始からわずか2日目の撮影だったが、さすがは『メリー・ポピンズ』などの注目作品の主役に抜擢される演技力を持つエミリーは、1テイクで決めたという。

 エミリーの夫でもある監督のクラシンスキーは、「あのシーンを1発で決めた後、本当に撮影の空気がガラッと変わったんだよ」「あまりにパワフルだったから、唖然と、そこに腰かけて、なんてことだ、と感じたことを覚えている」とエミリーの演技を大絶賛。

 そんなエミリーとジョン夫妻の息ぴったりな演技と、計算された演出が織りなす『クワイエット・プレイス』は究極のスリルを味わえる。

 果たして、エヴリンは無事に子どもを出産することができるのか…?気になる続きは、ぜひ劇場で確認して。(フロントロウ編集部)

『クワイエット・プレイス』 9月28日全国ロードショー
監督・脚本:ジョン・クラシンスキー
出演:ジョン・クラシンスキー、エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ
配給:東和ピクチャーズ
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.