『フィフティ・シェイズ』シリーズの主演俳優ジェイミー・ドーナンが明かした、子作りに対する「男の本音」にファンが大興奮!現在、妻が第3子を妊娠中のジェイミーが、第4子の可能性を聞かれて出した答えとは?(フロントロウ編集部)

ジェイミーが子作りへの「本音」をポロリ

 シリーズ最終作『フィフティ・シェイズ・フリード』が公開中のジェイミー・ドーナンが、米人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live!(ジミー・キンメル・ライブ)』に出演。

画像1: ジェイミーが子作りへの「本音」をポロリ

 そこで、司会者のジミー・キンメルから、現在、第3子を妊娠している妻アメリア・ワーナーとのさらなる“子作り”の可能性を問われ、「3人目でやめておいたほうがいいと感じる一方で、僕と妻は『最高の子供を作ることができる』と感じる自分もいる。妻が望むなら、限界まで挑戦するのもアリかも」と明かしたジェイミーは、続けてこう話した。

 「妻次第だね。(子作りのプロセスで)僕は楽しいことしかしないから

 ジェイミーが言う「楽しいこと」とは、子作りのプロセスで必要不可欠ないわゆる「性行為」のこと。

 そしてご存知の通り、ジェイミーは過激な性描写が見どころのひとつである『フィフティ・シェイズ』シリーズで、数々の濡れ場を演じてきた。

画像2: ジェイミーが子作りへの「本音」をポロリ

 そのため、ジェイミーのこの発言を聞いて、『フィフティ・シェイズ』シリーズを通して彼が演じてきた濃厚なラブシーンを思い浮かべる人たちも。子作りに対するジェイミーの本音が思わぬかたちで反響を呼ぶこととなった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.