現在来日中の大御所シンガーのマライア・キャリーは、アジアツアーを行っており、そのツアーには子供たちや恋人のタナカも一緒に同行。マライアのアジア旅行記を紹介。(フロントロウ編集部)

 現在日本をはじめ、上海やシンガポールなど6カ国7都市を周るアジアツアーを行っているマライア・キャリー。先日には、11月16日に2014年の『ミーアイ・アム・マライア』以来4年ぶりとなるニューアルバム『コーション(原題:Caution)』をリリースすると発表し、精力的に音楽活動を行っている。

 本格的に音楽活動を始動したマライアのアジアツアーには、双子のモロッカン君とモンローちゃん、そして恋人のブライアン・タナカも同行しており、ライブ以外にもアジアを満喫。そんなマライアと子供たち、そして恋人とのアジア旅行の様子を紹介。

 まず台湾を訪れたマライア一行。前日から台湾入りしたマライアは、ホテルで子供たちと一緒にクッキング。シェフがホテルの部屋まで訪れ料理を教えるというセレブ対応で、手作りデザート作りにチャレンジ。これにはモンローちゃん「とてもおもしろい!」と興奮気味に語った。

 そして上海では、現地のファンからマライアの父親アルフレッド・ロイ・キャリーへサプライズでひまわりの花のプレゼントが。これにはマライアも感動し、自身のインスタグラムにアップ。そして上海の美しい夜景と共にモロッカン君や、恋人のブライアンと写真をパチリ。

 また上海では公演中、ステージ上にモロッカン君とモンローちゃんがサプライズで登場し、ファンを沸かせる一幕も。

 そしてマニラ公演がおわり、いよいよ大阪。大阪ではハロウィンで賑わっているユニバーサル・スタジオ・ジャパンにお忍び訪問。そこでは多くのゾンビたちに囲まれるというプチハプニングも。

 大阪ではホテルに戻ると、部屋がハロウィン仕様に。その部屋を見た子供たちは大興奮。

 またブライアンもマライアのニューアルバム『コーション』のマークをジャック・オ・ランタンで作るというサプライズを見せた。

 いよいよ今日で来日公演が終わってしまうけれど、10月29日に行われた大阪公演や10月31日に行われた東京公演には、モロッカン君もモンローちゃんも登場したので、東京での最終公演も2人が登場するか要注目。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.