ラッパーのニッキー・ミナージュが、ピープルズ・チョイス・アワードの授賞式で受賞スピーチの最中に“あのイケメン俳優”を公開ナンパして話題になっている。(フロントロウ編集部)

イケメン俳優にラブコール

 現地時間11月11日、ファンによる投票で映画やテレビ、音楽などの各ジャンルでその年最も活躍した俳優やミュージシャン、話題の作品を決めるピープルズ・チョイス・アワードが開催され、ニッキー・ミナージュが2018年に最も活躍した女性アーティストに贈られる「フィーメイル・アーティスト・オブ 2018」を受賞。

画像1: イケメン俳優にラブコール

 その受賞スピーチで、突然何の前触れもなく「マイケル・B・ジョーダンにもひと言!なぜなら私は今夜彼に(服を)脱がされるから」と発言し、テレビ中継もされていた授賞式の最中にまさかの公開ナンパをして話題になっている。

 ニッキーが名前を挙げたマイケル・B・ジョーダンは、映画『ブラック・パンサー』などの出演作で知られる注目のイケメン俳優で、最近では女子テニス選手の大坂なおみからのラブコールに“神対応”をしたことが日本でも大きく取り上げられた。

画像2: イケメン俳優にラブコール

 米E!Newsによると、ニッキーがマイケルにラブコールを送った理由は「つい最近『ブラック・パンサー』を見たばかりだったから」だというが、マイケルが授賞式に出席していなかったにもかかわらず名前を出したことを考えると、よほどご執心なのは間違いない。

 ちなみに、今のところマイケルからの反応はない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.