ゼイン・マリクがニッキー・ミナージュとのコラボ曲「ノー・キャンドル・ノー・ライト(No
Candle No Light)」をリリースした。(フロントロウ編集部)

 ソロシンガーとして2枚目となるアルバムの発表が期待されるゼイン・マリクが、ラッパーのニッキー・ミナージュとのコラボ曲「ノー・キャンドル・ノー・ライト」をリリースした。

 「手と手を重ね/胸と胸を重ね/ベッドで絡み合っても/もう以前のようには君を感じられない」、「僕の愛はタダじゃない/なぜ君は“フリ”をしているの?」、「(愛の)炎はもう燃え盛っていない」といった歌詞が並ぶ、冷めてしまった恋人との終わりを歌った同曲は、せつないメロディーにEDM調のアレンジを効かせたダンスナンバー。ゼインのハスキーな美声とニッキーの弾けるような歌声が絶妙に絡み合う、耳に残るポップチューンとなっている。

 秋冬の人恋しい季節に合わせて解禁された同曲だが、じつはレコーディングが行われたのは今から約1年前の2017年の秋頃。

 当時、2人のコラボのウワサが浮上した際、あるファンからツイッターを通じて「何でもいいからゼインとのコラボ曲について教えて! 」と懇願されたニッキーは、詳細については明かさなかったものの、「これまでで一番お気に入りの曲よ」と目がハートになった絵文字にさらにハートの絵文時も追加して答え、期待を煽っていた。

 そんなゼインとニッキーの1年越しのコラボ曲は、「すごくいい!」、「私の耳を喜ばせてくれてありがとう! 」とファンたちの間で大好評となっている。

 ちなみに、約1カ月ほど前、ゼインはニッキーがファッションウィーク中に乱闘寸前のバトルを繰り広げたカーディ・Bに対してツイッターを通じて「超カッコイイ曲ができたんだけど、もしコラボに興味があったら連絡して」と熱烈オファー。

画像: カーディ・B。現在はニッキーとのバトルは収束。

カーディ・B。現在はニッキーとのバトルは収束。

 一部では、ニッキーとカーディの不仲を引き合いに出し、『ゼインは「ノー・キャンドル・ノー・ライト」をカーディと歌いたかったのではないか? 』との憶測も飛び出したが、ニッキーとのコラボのほうがずっと先に成立していたため、この説は事実ではないということになる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.