マーク・ロンソンとマイリー・サイラスのコラボ・シングル「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート」が日本時間の11月30日にリリースされた。(フロントロウ編集部)

 7月に突然SNSの投稿をすべて削除して以降、沈黙を貫いていたシンガーのマイリー・サイラスが、ブルーノ・マーズレディー・ガガなどへの楽曲提供で知られる敏腕プロデューサーのマーク・ロンソンとのコラボで、約1年3ヵ月ぶりとなる新曲「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート」を予告通り米現地時間の11月29日に発表した。

「この世界は君を傷つける/深く切りつけ傷跡を残す/物事には終わりが来るものだけど、ハートよりも壊れやすいものはない」という歌詞に代表される失恋の痛みを、マイリーがみずみずしく、どこかレトロで伸びやかな歌声で表現する同曲は、心に染み入るせつないメロディーやマークが得意とするディスコティックでファンキーなアレンジがクセになる絶品チューン。

 待望の楽曲解禁と同時にウクライナで撮影されたというMVも公開された。

 警察とのカーチェイスや、マイリーの運転する車がストリップクラブの壁を突き破る衝撃的なシーン、マークが自分の運転する車からマイリーの運転する車に飛び乗るという決死のアクションを披露するなど、迫力満点のアクション映画さながらの映像が早くも話題となっている。

 マークは、12月17日(月)には日本人シンガーの星野源とのダブルヘッドライナーによる来日公演が千葉・幕張メッセで開催予定。

 マイリーとのコラボ曲「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート」も収録されるタイトル未定・リリース日未定の新作のアルバムには、ほかにもリッキ・リー、キング・プリンセス、イエバといった注目アーティストが参加していることが明らかになっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.