ポール・マッカートニーが行なっている「フレッシュン・アップ・ツアー」のロンドン公演に、サプライズすぎるゲストが飛び入り参加した。(フロントロウ編集部)

 5年ぶりのアルバム『エジプト・ステーション』を引っさげて全世界を周っているポール・マッカートニー。76歳ながら第1線で活躍するポールが、先日ロンドンのO2アリーナで公演を行なった際に、観客へサプライズを用意していた。

サプライズゲストが豪華すぎる

 ポールはビートルズの「ゲット・バック」を歌う前に「君たちをちょっと驚かすよ」と語りはじめた。観客がポールの言葉にソワソワしていると、「はじめに紹介するのは、ローリング・ストーンズの最高のメンバーであるロニー・ウッドと、ポールはロニーをステージにあげた。ビートルズ×ローリング・ストーンズのコラボだけでもすごいのに、ポールのサプライズはまだ終わらない。

 なんと次の瞬間ポールがステージ上に招いたのは、元ザ・ビートルズのドラマーであるリンゴ・スター。これには多くのファンが割れんばかりの声援と拍手を送り、ビートルズ2人の再会を祝福。

 そしてかつてないほど豪華なメンバーで「ゲット・バック」のセッションが行なわれた。

画像: Paul McCartney, Ringo Starr, Ron Wood, Get Back, O2 Arena, London, December 16 2018 www.youtube.com

Paul McCartney, Ringo Starr, Ron Wood, Get Back, O2 Arena, London, December 16 2018

www.youtube.com

 ポールは元メンバーであるリンゴがバックでドラムを叩いているのが嬉しかったのか、何度も後ろを振り返りピースサインを送るなど、かなりノリノリ。ビートルズの実在するメンバーが、こうしてセッションを行なうのはかなり久々。しかもそこにロニーも加わるなんて、まさに「夢のセッション」という言葉にふさわしいセッションとなった。

 この公演には、ポールの娘でデザイナーとして活躍するステラ・マッカートニーも応援に駆けつけており、幻の集合写真を自身のインスタグラムにアップした。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.