映画『ボヘミアン・ラプソディ』でクイーンのフレディ・マーキュリー役を演じたラミ・マレックと、元ザ・ビートルズのポール・マッカートニーが一緒に撮影した貴重な写真がついにお披露目された。(フロントロウ編集部)

 英国アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞で賞を総なめにしている映画『ボヘミアン・ラプソディ』で主演を務めたラミ・マレック。彼は以前、アメリカの人気トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ』に出演した際、元ビートルズのメンバーであるポール・マッカートニーのコンサートを訪問した時のことを語ったけれど、ここへ来てラミが探していたものが発見された。

 それは、ポールとの2ショット写真。ポールの公演を訪れたラミは、バックステージに呼ばれ「私は1番ビートルズっぽいポーズをするから、君は1番フレディっぽいポーズをして、一緒に記念写真を撮ろう」とポールから言われ、2人で写真を撮ったものの、その写真がどこにあるのかがわからない状態で、「もしあの写真を持っている人がいたら、お願いだから僕にちょうだい」と、呼びかけていた。そしてついにこの度、奇跡の2ショットがラミによってお披露目されることに。

 ラミはフレディのように空高くこぶしを掲げ、ポールはベースを弾いているようなポーズを取っている「いかにも」な写真は、結局誰が撮影したのか? その答えは、ラミ本人が明かした。ラミはツイッターでこの写真をアップした際に、「ありがとう、メアリー・マッカートニー」とコメントしている。そう、この2人の奇跡の写真を撮影したのは、ポールの娘でありカメラマンとして活躍するメアリー・マッカートニー。

 メアリーは以前にもラミと別の撮影でも一緒になったことがあり、お互い顔見知り。そんなメアリーがラミとポールの写真を撮ったそう。

 ポールにフレディのようにと言われたラミと、ポールの写真は、番組内で写真を探していると発言した約1ヵ月後に無事ラミの元へ届けられた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.