映画『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットもあいまって70年代、80年代ファッションがリバイバルしているけれど、いま注目なのは「デヴィッド・ボウイ」ネイル!(フロントロウ編集部)

 1月はデヴィッド・ボウイの誕生月であり、2016年にがん闘病のすえ亡くなった月。そんななか、デヴィッド・ボウイをオマージュしたネイルが続々と登場している。

画像: アルバム「アラジン・セイン 」デヴィッド・ボウイ

アルバム「アラジン・セイン 」デヴィッド・ボウイ

 デヴィッド・ボウイのアイコンである稲妻柄をネイルアートに取り入れるのがトレンドに。

グラムロックな世界感がさく裂

 ギラギラと主張の強いデザインも、ネイルなら取り入れやすいし、かわいい!

白ベースに、稲妻×ロンドン・カラー

 ユニオンジャックの青、赤、白を入れるとストリート感が出てキュート。

クリアネイルに「ボウイ・ネイル」がおしゃれ!

 今年注目のクリアネイル+稲妻で、トレンド感がさらにアップ。

稲妻をワンポイントにするだけで、世界観がガラリ

 セルフネイルでトライしやすい、一本の指だけにポイントで稲妻を取り入れたデザイン。

 主張するものから手軽にできるものまで、ネイルアートに幅広く取り入れてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.