人気シンガーのビヨンセの専属メイクアップアーティストが、2019年にくるメイク・トレンドは「モノクロ・メイク」だと明かした。(フロントロウ編集部)
画像: ビヨンセ専属メイクがいちおし!2019年は「モノクロ・メイク」がかわいい!

 ビヨンセをはじめ、人気モデルのアシュリー・グラハムらセレブからの信頼が厚い、カリスマメイクアップアーティストのサー・ジョン・バーネット。

 そのサーが、2019年のトレンドは「モノクロ・メイク」だと米メディアmarie claireに明かした。モノクロは、白黒に代表される「モノクローム」の略で、1色の意味。通常、メイクはアイシャドウやリップなどに違う色を使うけれど、「モノクロ・メイク」は、アイ、リップ、チークとすべて同じ色で統一して行なうメイクアップ方法のこと。

 サーは、メイクを行なう上で気をつけることは「同じ色を使うこと。アイ、リップ、チークがすべて同じ美しい色合いかどうか、確認すること」だけだという。

 また、モノクロで印刷した写真には、白と黒のグラデーションカラーがあるように、「モノクロ・メイク」も「同じ色だけど、どこか違う」ことがポイント。

春らしくてキュートな、ピンク一色の「モノクロ・メイク」

 ピンク一色のこの「モノクロ・メイク」では、リップにはツヤ感があるピンク。アイシャドウは深みのあるピンクで、チークは血色感のあるピンクでバランスが取れている。

ブラウン一色で、クールな「モノクロ・メイク」

 リップは温かみのあるブラウン、アイシャドウはツヤ感のあるブラウンで、チークは肌になじむブラウン。

 同じ色を使うことでさりげなく印象が強まってトレンド感が出る「モノクロ・メイク」を、この春トライしてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.