もしも自分のお母さんが“メリー・ポピンズ”だったら?ついに公開がスタートした映画『メリー・ポピンズ リターンズ』の主演女優エミリー・ブラントが、映画を見た娘からの贅沢なお願いについて明かした。(フロントロウ編集部)

母演じるメリー・ポピンズを見た娘たちの反応は?

 2月1日公開の映画『メリー・ポピンズ リターンズ』で主人公のメリー・ポピンズを演じるエミリー・ブラントが、英人気トーク番組『The Graham Norton Show (ザ・グラハム・ノートン・ショー)』で、映画を見た娘から“お母さんがメリー・ポピンズ”だからこそのお願いをされた時のことについて振り返った。

画像: 母演じるメリー・ポピンズを見た娘たちの反応は?

 エミリーには、夫で俳優のジョン・クラシンスキーのあいだに長女のヘーゼルちゃん(4歳)と次女のヴァイオレットちゃん(2歳)という2人の娘がいるのだが、とくにヘーゼルちゃんに関しては幼いながらに母であるエミリーが女優であることを理解しているそうで、エミリーいわく「私が空を飛べないことはわかっている」という。

 それでも映画をたいそう気に入ってくれたといい、ある日、映画見ている時は「無表情だった」ヘーゼルちゃんから「メリー・ポピンズのものまねをして」と頼まれたことを明かし、予告映像にも出てくるメリー・ポピンズの名ゼリフである「Spit spot and off we go!(早くしなさい。さあ、行くわよ!)」と口にしたところ…。

画像: www.youtube.com
www.youtube.com

 映画を見た直後は無反応だったヘーゼルちゃんが、生メリー・ポピンズを前に、この時ばかりは「ワァ」と声を上げながら感動と驚きの表情を見せたことを明らかに。

 ちなみに、ヘーゼルちゃんもヴァイオレットちゃんも、エミリーが先ほどのセリフを口にするお風呂のシーンが大好きで、エミリー演じるメリー・ポピンズがバスタブから顔を出したイルカに向かって「No, not yet(ノー、まだダメよ)」と注意する場面をよく真似しているそう。

画像: "Can You Imagine That?" Clip | Mary Poppins Returns www.youtube.com

"Can You Imagine That?" Clip | Mary Poppins Returns

www.youtube.com

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.