海外では、カイリー・ジェンナーやエミリー・ラタコウスキー、ロージー・ハンティントン・ホワイトリーなど、「ぷっくらリップ」のセレブが大人気。そんな憧れのぷっくりとしたリップを、薄い唇でもゲットできるメイク法を人気メイクアップアーティストが公開した。(フロントロウ編集部)
画像: エミリー・ラタコウスキー、ロージー・ハンティントン・ホワイトリー

エミリー・ラタコウスキー、ロージー・ハンティントン・ホワイトリー

 今やボリューミーなリップは、セクシーでキュートな口元の代名詞と言っても過言ではないほど。でも、もともとボリューミーな唇じゃない人は、セレブのような「ぷっくりリップ」にはなれないの? そんな疑問を解決するメイク法を、人気メイクアップアーティストのモーガン・マティーニが紹介。

「ぷっくりリップ」メイクを作るコツ

 モーガンが紹介した、メイクでぷっくりリップを作るのに役立つコツがコチラ! 

1:口角にコンシーラーをオン

 モーガンは米メディアrefinery29に、「私はいつも口紅を塗る前には、口角にコンシーラーを塗っているわ」とコメント。口角の肌色を整えることで、唇の周りの赤みを抑えつつ、真っ白なキャンバスの上に描くように理想の唇の形を描くことができるようになるそう。

画像: 1:口角にコンシーラーをオン

2:プロ仕上げならリップライナー

 プロのメイクアップアーティストのようにリップをキレイに描くためには、リップライナーはマストだと語るモーガン。リップライナーを引くときには、唇の境界線よりも少しだけ外側に引くことがポイント。また、リップライナーを引いたら、指、またはリップブラシ、綿棒などでしっかりとぼかすことでナチュラルに仕上がるそう。

画像: 2:プロ仕上げならリップライナー

3:口紅だけで作るなら「2ステップ塗り」

 口紅だけで「ぷっくりリップ」をつくりたいという時には、リップブラシを使って、はじめに上唇の山から下に向かって塗っていき、今度は口角から上に向かって塗っていく「2ステップ塗り」によって、立体感のある仕上がりになるそう。

画像: 3:口紅だけで作るなら「2ステップ塗り」

4:リップカラーを長持ちさせる

 ぷっくりと作ったリップメイクを持続させることも重要なテク。1日中リップカラーを長持ちさせる方法としてモーガンは、「一度口紅を塗ったらティッシュオフをしてパウダーで軽く抑えると落ちにくいわ」とアドバイス。ほかにもティッシュオフした後で、もう一度口紅を塗ると色持ちがぐんとアップすると明かした。

画像: 4:リップカラーを長持ちさせる

 いつものリップメイクにひと手間加えるだけで、「ふっくらリップ」の旬顔が手に入れられるモーガンのリップメイク術。早速試して、唇美人を目指してみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.