DCコミックスの大ヒット映画『スーサイド・スクワッド』でウィル・スミスが演じたデッドショット役を、続編ではマーベル映画『アベンジャーズ』シリーズに出演した俳優が代役として演じる。(フロントロウ編集部)

『スースク』ウィルの代役はマーベル俳優

 DCコミックスの映画『スーサイド・スクワッド』に出演したウィル・スミススケジュールを理由に続編に出演しないことを受けて、ウィルの代役として『アベンジャーズ』シリーズに出演したイドリス・エルバが抜擢された。

 2018年に公開されたマーベル映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をもってMCU作品から卒業したイドリスが、ウィルが演じたDCコミックスのキャラクターであるデッドショット役を引き継ぐことになる。

画像1: 『スースク』ウィルの代役はマーベル俳優

 『スーサイド・スクワッド』の続編については、過去の差別発言が原因でディズニーから解雇されて騒動になったマーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督が、新作で脚本&メガホンを取る

画像2: 『スースク』ウィルの代役はマーベル俳優

 今や『スター・ウォーズ』シリーズや『ハリー・ポッター』シリーズを抜き、歴代累計興行収入1位を誇るMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズ映画に携わったジェームズとイドリスの2人が、今度はDCコミックスの世界に参加する。

 現段階で、イドリスとともに『スーサイド・スクワッド』続編に出演するキャストはまだ発表されていないが、前作で主人公を務め単独映画『Birds of Prey(原題)』も公開されるハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビーは続投すると見られている。

 『スーサイド・スクワッド』続編の全米公開日は2021年8月6日を予定しており、撮影は9月からスタートするという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.