ディズニーの大ヒット映画『トイ・ストーリー』の最新作『トイ・ストーリー4』のノーカット版予告が公開された。(フロントロウ編集部)

ノーカット版予告が公開!

 前作の公開以来、約9年の時を経て、ついに7月に日本公開される『トイ・ストーリー4』。同作の最新予告編が米情報番組『グッド・モーニング・アメリカ(GoodMorning America)』の放送中に世界初公開された。

※以下『トイ・ストーリー3』のネタバレが含まれます

 シリーズ第4作目となる同作では、大人になったアンディのもとを離れ、ボニーという少女のもとで生活しているウッディと愉快な仲間たちと、無理やり“おもちゃ”にされてしまったことが、どうにも腑に落ちないプラスチック製フォークの新入りおもちゃ「フォーキー」の冒険が描かれる。

 これまでに公開された予告編では、『トイ・ストーリー』の1と2に登場した羊飼いのボー・ピープが、フェミニンなイメージを一新し、パワフルな女性キャラとして帰ってくることや、映画『ゲット・アウト』の監督でコメディ俳優のジョーダン・ピールとその相棒のキーガン・マイケル・キーが声を担当する新キャラのバニー&ダッキーが登場することなどが明らかに。同予告編でも思い思いの活躍を見せている。


キアヌ演じる“謎キャラ”も登場? 

 そして、最新版の予告では、以前から出演が伝えられていたものの、その役どころについては謎のベールに包まれていた、俳優のキアヌ・リーブスが声を演じるとウワサされるキャラクターも初お目見え!

画像: キアヌ演じる“謎キャラ”も登場?

 正式発表はされていないものの、キアヌが演じると言われるのは、バズ・ライトイヤーにちょっと似ていると言われる「デューク・カブーン(Duke Caboom)」というキャラクター。

 今回公開された映像には本当にほんの一瞬しか登場しないので、ぜひ目を凝らしてチェックして欲しいのだが、動画の2分を過ぎたあたりで登場し、「カブーン!」と威勢よく叫ぶ口ひげをたくわえた青い目の優男風人形の声に耳を澄ましてみると、確かにキアヌのあの甘く優しい低音ボイスのように聞こえる。

画像: キアヌが声を担当しているとウワサされる「デューク・カブーン」。©Disney Pixar/ YouTube

キアヌが声を担当しているとウワサされる「デューク・カブーン」。©Disney Pixar/ YouTube

 米Observerの報道によると、デューク・カブーンは製造中止となったおもちゃたちが送られる場所からやってきたキャラクター。羊たちを奪われてしまい、困り果てたボー・ピープが、彼にアドバイスを求める…という説も伝えている。

 キアヌは『トイ・ストーリー4』への出演について、2018年米公開の主演映画『レプリカズ』のプロモーション活動中にこんな風に語り、自身が声を演じたキャラクターは、ほとんど自分のやりたいように演じることができたと話していた。

「ピクサー社の素晴らしいクリエーターたちからある日突然連絡を貰ってね。『こんなキャラクターはどう?』って持ちかけられて、話し合って、その後はほぼアドリブみたいな感じで自由にやらせてくれたんだ」

 バズ・ライトイヤーの声を演じる俳優のティム・アレンは、米人気トーク番組『トゥナイト・ショー』に出演した際、キアヌが演じるキャラクターについて「かなり豪快でエッジの効いたキャラクター」と話したうえで、「サイズはこれくらいだって教わったよ」と人差し指と親指でサイズ感を表現して見せていたことも。

画像: キアヌが声を担当したキャラのサイズを指で表すティム・アレン。©NBC Universal

キアヌが声を担当したキャラのサイズを指で表すティム・アレン。©NBC Universal

 ちなみに最新予告公開と同時にお披露目された最新ポスターには、バイク用のヘルメットをかぶっており顔などはよく分からないものの、デューク・カブーンと見られるキャラの姿も。

画像: ウッディたちの頭上を飛ぶ、バイクに乗ったキャラが「デューク・カブーン」。©toystory/ Instagram

ウッディたちの頭上を飛ぶ、バイクに乗ったキャラが「デューク・カブーン」。©toystory/ Instagram

 キアヌがアドリブも織り交ぜながら演じたという新キャラにも注目の映画『トイ・ストーリー4』は7月12日(金)より日本公開される。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.