レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピットがW主演する、クエンティン・タランティーノの最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(Once Upon a Time in Hollywood)』が、日本公開されることに決まった。(フロントロウ編集部)

タランティーノの話題作が今秋公開

 クエンティン・タランティーノによる9 作目の長編監督作となる最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給によって2019年秋に日本公開される。

画像1: タランティーノの話題作が今秋公開

 レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピッドがW主演を果たし、大女優シャロン・テート役としてタランティーノのミューズにマーゴット・ロビーが大抜擢された同作は、タランティーノが制作、脚本、監督を担当し、5年もの歳月をかけて脚本を執筆した作品。

画像2: タランティーノの話題作が今秋公開

 チャールズ・マンソン率いるカルト集団マンソン・ファミリーによって大女優で当時妊娠していたシャロン・テートが殺害された事件が起きた1969年のロサンゼルスを舞台に、ハリウッドの光と影が描かれる。

画像: 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』特報(2019年秋公開) youtu.be

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』特報(2019年秋公開)

youtu.be

 そんな映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の今回解禁された特報映像では、落ち目のTV俳優リック・ダルトン(レオナルド)が、共演した子役の少女に「私が生きてきた中であなたは 最高の役者よ」とささやかれ涙ぐむシーンや、長年彼のスタントマン、クリフ・ブース(ブラッド)がブルース・リーらしきアジア人とカンフーアクションを撮影するシーンが映される。

 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、2019年7月26日に全米公開。日本公開は2019年秋を予定している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.