サラ・ジェシカ・パーカー主演で大ヒットした、『セックス・アンド・ザ・シティ』の続編が制作中であることが明かされた。(フロントロウ編集部)

 ニューヨークを舞台に女性たちの大胆な恋愛模様が描かれ大ヒットしたドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ(以下、SATC)』。これまでも、2作の映画と1作のスピンオフドラマが制作された同作に、新たなドラマシリーズが加わることになった。

画像1: 『セックス・アンド・ザ・シティ』が帰ってくる!続編ドラマが制作中

 『SATC』の原作者であるキャンディス・ブシュネルは、同作の続編である書籍『Is There Still Sex in the City?(イズ・ゼアー・スティル・セックス・イン・ザ・シティ?)』を全米で2019年8月6日に発表予定。現在制作中のドラマは、この物語がもとになるとのこと。

 しかし今回のストーリーは、直接的に『SATC』の続きが描かれるわけではないという。

画像2: 『セックス・アンド・ザ・シティ』が帰ってくる!続編ドラマが制作中

 新シリーズの制作を行なう米テレビ局Paramount TVの社長は、「オリジナルの『SATC』は、すべての年代の女性たちのために新しい基盤を築きました。そのような物語を、過小評価されている50代の女性たちの視点から描き続けられることに感激しています」と、米Deadlineに話す。

 舞台はオリジナルと同じマンハッタン・アッパー・イースト・サイドに置いたまま、50代以上のマッチングアプリによる恋愛模様や、カジュアルなナイトライフを描くものと見られている。

画像3: 『セックス・アンド・ザ・シティ』が帰ってくる!続編ドラマが制作中

 米Vultureによると、今作ではキャリー、ミランダ、シャーロットやサマンサが主演にはならないようだが、キャリーを演じたサラ・ジェシカ・パーカーは今年に入って意味深な投稿をインスタグラムに公開しており、オリジナルメンバーの出演に注目が集まっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.