現在公開中の映画『キャプテン・マーベル』と、4月26日公開の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』に登場するキャプテン・マーベルでは、容姿にある“大きな違い”がある。前者と後者で変化が生じた理由とは?(フロントロウ編集部)

「撮影した時期」が大きく関係

 オスカー女優のブリー・ラーソン演じるマーベルの女性ヒーロー、キャロル・ダンバースことキャプテン・マーベルの「容姿」が、現在公開中のマーベルMCU映画『キャプテン・マーベル』と、いよいよ4月26日に公開が始まる映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』で微妙に違う理由を、後者の監督を務めるジョー・ルッソが明かした。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』の予告編に登場するキャロル・ダンバース(キャプテン・マーベル)が、『キャプテン・マーベル』の時と比べて“女性らしさ”を強調したルックスに変化していたことに、一部のファンから「なぜ男性目線を意識したルックスに変えたのか」といった、厳しい指摘が寄せられていることを以前フロントロウでお伝えしたが、じつは容姿に変化が生じた理由は「撮影した時期の違い」にあることが判明。

画像: 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の予告編に登場した際のキャロル・ダンバースことキャプテン・マーベル。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の予告編に登場した際のキャロル・ダンバースことキャプテン・マーベル。

 「(『アベンジャーズ/エンドゲーム』で)ブリーは初めてキャプテン・マーベルを演じたんだ。この時の彼女はまだキャプテン・マーベルという人物を模索している段階にあった。そして、数ある選択肢の中からブリーと彼女のメイクを担当するチームが選んだのがあの姿だったんだ。けれど、(撮影時期が『アベンジャーズ/エンドゲーム』よりも後だった)『キャプテン・マーベル』の撮影を前に、ブリーはキャラクターへの理解をより深め、結果的に当初とは違う選択をするようになった。(今回のように変化が生じても)彼女には演者として、自分でチョイスする権利があるからね」−映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の監督ジョー・ルッソ、米Filmのインタビューより。

 『キャプテン・マーベル』よりも先に撮影が行われた『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、自身の役柄についてまだ模索中だったというブリー。しかしその後、彼女の中のキャプテン・マーベル像が確立されたことによって、より彼女のイメージに沿った服装や髪型、メイクに“軌道修正”されたということのようだ。

画像: 映画『キャプテン・マーベル』ではメイクが薄くなり、よりナチュラルなルックスに変化。

映画『キャプテン・マーベル』ではメイクが薄くなり、よりナチュラルなルックスに変化。

 キャプテン・マーベルの容姿の変化をめぐって様々な憶測が上がっていたが、制作側の意図ではなく、どちらも演者であるブリーの意思によるものだったことがわかり、やきもきしていたファンのあいだでは「なるほど」「それなら納得できる」といった声が広がっている。

 ちなみに、ブリーは『キャプテン・マーベル』で主役を張るにあたり、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の共演者で、キャプテン・アメリカ役として長きにわたってマーベル作品で主演を務めてきた俳優のクリス・エヴァンスからアドバイスをもらうなど、しっかりと下準備をしてから撮影に臨んだことを米InStyleのインタビューで明かしていた。(フロントロウ編集部)


※この記事は公開後に内容を一部修正しました。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.