ヴィクシーエンジェルに就任したモデルのバーバラ・パルヴィンが、初デートの時は必ず「赤リップ」と決めている理由とは?恋愛に関して誠実なバーバラの一面が明らかに。(フロントロウ編集部)

バーバラが堅実な恋愛テクを告白

 今年3月に米大手ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」(以下ヴィクシー)の広告塔、通称エンジェルに就任したモデルのバーバラ・パルヴィンが、ちょっと意外な理由で初デートの際は必ず「赤いリップをする」と決めていることを、米Us Weeklyのインタビューで明かした。

画像: 先日、ヴィクシーエンジェルに就任してから初めての仕事に臨んだバーバラ。

先日、ヴィクシーエンジェルに就任してから初めての仕事に臨んだバーバラ。

 私生活で約6年ぶりにできた彼氏ディラン・スプラウスと順調に交際するバーバラには、自分で決めた「初デートのルール」がいくつかあるという。そのうちのひとつは、できるだけナチュラルメイクを心がけることだそうで、その理由について「朝起きたら別人だったなんて嫌よ。(恋人or恋人候補には)最初から朝起きた時の顔を見せたい」と語った。

 そんなバーバラには、もうひとつ外せないルールが。それは、どんなにカジュアルな服装であっても必ず「赤いリップをする」というもの。理由は、赤リップのように派手な色のリップをしてると相手が気軽にキスできないから。距離を縮めるタイミングは「とても重要」と話すバーバラは、キスをするのは2回目以降のデートと決めているそう。

 バーバラのように初デートでのキスを阻止したい人は、相手がキスすることを躊躇するような色を選ぶとよいかもしれない。(フロントロウ編集部) 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.