『ゲーム・オブ・スローンズ』にカメオ出演したエド・シーランが演じた役の運命が、放送中の第8章で明かされたと話題になっている。(フロントロウ編集部)

 『ゲーム・オブ・スローンズ』にエド・シーランが初めて登場したのは、第7章の第1話「ドラゴンストーン」。ラニスター家の名もなき兵士の1人としてカメオ出演し、孤独に旅を続けるアリア・スタークに声をかけ、他の兵士と一緒に火を囲んで食事をとりながら、アリアに歌を歌って聞かせる役を演じた。

画像: エド・シーランとアリア役メイジー・ウィリアムズが共演した第7章第1話の撮影現場より。©Ed Sheeran./Instagram

エド・シーランとアリア役メイジー・ウィリアムズが共演した第7章第1話の撮影現場より。©Ed Sheeran./Instagram

 その後、アリアと別れた後に彼らがどうなったのかは描かれなかったが、ファイナルシーズンである第8章の第1話で、エドが演じた兵士の運命が語られたと話題になっている。

 問題のシーンは、ティリオンの付き人だった傭兵ブロンが3人の娼婦とお楽しみに興じる場面で登場する。娼婦たちは、第7章の第4話「戦利品」で起きたデナーリスとラニスター軍の戦いについてウワサ話に花を咲かせているのだが、娼婦の1人がラニスター家の赤毛の兵士について、「あのエディって子が顔を火傷して戻って来たんだけど、今ではまぶたがないらしいのよ」と言う。

 第7章でエドが演じた役に名前はなかったが、「エディ(※エドの愛称)という名前で赤毛のラニスター家の兵士」と言われたら、他のキャラクターは思い浮かばない。

 それだけに、SNSでは「絶対にエド・シーランだ!」とすぐさま話題に。ドラマの制作陣は正式にコメントしていないが、火傷でまぶたを失った兵士エディがエドのことならば、彼はかなり悲惨な運命となってしまったよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.