キャサリン妃&ウィリアム王子がインスタグラムを通じてエリザベス女王に宛てたバースデーメッセージを投稿。その内容が、まるで不仲がウワサされるメーガン妃&ヘンリー王子夫妻をディスっているようだと世間がざわついている。(フロントロウ編集部)

 4月21日に93歳の誕生日を迎えたイギリス王室のエリザベス女王のバースデーを祝し、ケンジントン宮殿の公式インスタグラムアカウントを通じてお祝いのメッセージを発信したウィリアム王子キャサリン妃夫妻。

 「女王陛下の93歳の幸せなお誕生日を心からお祝いします!」というメッセージとともに投稿された写真には、鮮やかなライムグリーンの衣装に身を包んだエリザベス女王が、キャサリン妃&ウィリアム王子と2人の長男ジョージ王子、長女シャーロット王女、そして夫のフィリップ殿下とともに最高の笑顔を見せる姿が。

 この写真は、毎年6月のある土曜日に英国君主である女王の公的な誕生祝いイベントとして行われる「Trooping the Colour(トゥルーピング・ザ・カラー/軍旗分列行進式)」と呼ばれるセレモニーの際に撮影されたもの。

 一見、ロイヤルファミリーの微笑ましい姿をとらえた1枚のようにしか見えないものの、一部では、この写真が直近で行なわれた2018年の式典のものではなく、なぜか2016年に撮影された1枚だったことに疑問を呈する人々が…。

 キャサリン妃&ウィリアム王子夫妻が、2018年にロイヤルファミリーの仲間入りを果たしたメーガン妃の姿が無く、しかもウィリアム王子の背後に立つヘンリー王子の顔が半分ほどしか映っていない写真を選んだことを受け、夫妻がこの投稿を通じて「暗にメーガン妃とヘンリー王子をディスっているのでは? 」、「なぜわざわざメーガン妃が写っていない写真を選んだのか? 」と、昨今巷で根強くウワサされるキャサリン妃とメーガン妃の不仲説やウィリアム王子とヘンリー王子の兄弟間の関係がギクシャクしているというウワサも相まって、勘繰り合戦が勃発している。

画像: 2018年に行なわれた「Trooping the Colour」にはエリザベス女王の背後にヘンリー王子と並ぶメーガン妃の姿が。

2018年に行なわれた「Trooping the Colour」にはエリザベス女王の背後にヘンリー王子と並ぶメーガン妃の姿が。

 しかし、今回選ばれた写真に写っていないのは、メーガン妃だけではなく、ウィリアム王子の父であるチャールズ皇太子とその妻のカミラ夫人の姿も無い。

 キャサリン妃とウィリアム王子は、あくまでも、投稿された写真が、エリザベス女王の幸せそうな表情と自分たち一家の楽しそうな様子がとらえられた1枚であるという点が気に入ってチョイスした可能性が高いが、真相はいかに? 

 ちなみにヘンリー王子&メーガン妃夫妻も自分たちの公式インスタグラムアカウントを通じてエリザベス女王へのバースデーメッセージを発信。

 若かりし日の女王の写真をはじめ、幼いヘンリー王子&ウィリアム王子と女王のスリーショットやティーンエイジャーの頃のヘンリー王子との微笑ましい写真、女王がメーガン妃と談笑する様子を収めた1枚などを投稿し、「ハッピー、バースデー女王陛下、マーム・グラニー(女王おばあちゃん)。最高の一日をお過ごしください! ハリー&メーガンより」と親しみを込めたコメントを綴っていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.