大人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で傭兵ブロンを演じるジェローム・フリンが、ホラーの巨匠スティーヴン・キングの小説をドラマ化する『ザ・ダーク・タワー(The Dark Tower)』に出演することになった。(フロントロウ編集部)

 スティーヴン・キングの小説『ダーク・タワー』の舞台は、西部開拓時代を思わせる荒廃した世界。最後の拳銃使いとなったガンスリンガーことローランドが、旅の途中で出会った少年ジェイクと一緒に、世界の破壊を目論む黒衣の男ウォルターを追うダークファンタジー。2017年には、マシュー・マコノヒーとイドリス・エルバ主演で映画化された。

 今回、Amazonが制作するドラマ版『The Dark Tower』にキャスティングされたジェローム・フリンは、「いつもカウボーイを演じたいと言ってたんだが、その役が今になってやって来てワクワクしてるよ」と、英Mirrorに明かした。

『GoT』出演前に俳優業引退を考えていた

 世界的に社会現象を巻き起こすほどの大ヒットとなった『ゲーム・オブ・スローンズ』で傭兵ブロン役を務めて知名度を得たジェローム。そんな彼は同作に起用される前は、興味をそそられる役に巡り合えず、俳優業引退を考えていたと、同インタビューで明かした。

画像: 『ゲーム・オブ・スローンズ』はファイナルシーズンであるシーズン8が放送中。

『ゲーム・オブ・スローンズ』はファイナルシーズンであるシーズン8が放送中。

「演技に別れを告げてはいなかったが、演じたいと思うような役をオファーされなかったんだ。このまま俳優を続けるのかもハッキリと分かっていなかったし、10年も作品に出演していなかったからね」

 しかし『ゲーム・オブ・スローンズ』への起用がきっかけで役者としてチャンスの幅が広がり、今回の『The Dark Tower』のように、これまでオファーされなかった作品に出演する機会に恵まれているそう。

 『ゲーム・オブ・スローンズ』と言えば、先日、マーリン・トラント役のイアン・ビーティーが他作品のオーディションで「ゲーム・オブ・スローンズのキャストはお断り」と言われたことが1度以上あると明かしたばかり。ドラマの役柄のイメージが強すぎることが理由だが、イアンのようにドラマが不利に働くケースがある一方で、ジェロームのように有利に働くケースもあるよう。

画像: マーリン・トラント役のイアン・ビーティー

マーリン・トラント役のイアン・ビーティー

 ジェロームが演技への情熱を再燃させた『ゲーム・オブ・スローンズ』は、現在放送中の第8章で終幕を迎える。そのファイナルシーズンは、BS10スターチャンネルにて毎週月曜午前10時より放送中。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.